『第44回日本アカデミー賞』の授賞式が19日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われ、草なぎ剛(46)が『ミッドナイトスワン』で最優秀主演男優賞を受賞した。

【写真一覧】二宮和也に長澤まさみも!授賞式に登場した豪華俳優陣

 草なぎは「まじっすか。ごめんなさい。頭真っ白になってしまって…」と呆然。「本当に、今までみなさんと仕事をさせてもらえたこと、仲間のみなさんに応援していただいていること。(香取)慎吾ちゃんとか、(稲垣)吾郎さんとか、本当に近い人たちが支えてくれて、ここの舞台に立てている。うれしいです」と感謝と喜びを伝えた。

 そして「映画ってそれぞれ、作り手、役者の気持ちとかいろんな方向性はあると思いますが、一人ひとりの人生がより良くまっとうできるような人との関わりの中で自分の人生をまっとうしていきたいです」と堂々とスピーチした。

 スピーチ後のインタビューで、第一声が“まじっすか”だったことを告げられると「覚えてないんですよね」とニッコリ。スピーチで言い残したことはあるかと聞かれると「諦めずに続けていると良いことあるんだなって。人生捨てたもんじゃない。みんなも頑張っていこうね」と前向きなメッセージで締めくくった。

 本作は、故郷の広島を離れて東京・新宿で生きることを決断し、崩れ壊れてしまいそうな自己を自分自身で支えながら生きるトランスジェンダーの凪沙(草なぎ)と、親から愛を注がれることなく生きてきた少女・一果(服部樹咲)の姿を通して“切なくも美しい現代の愛の形”を描くラブストーリー。

 優秀主演男優賞にはそのほか、小栗旬(『罪の声』)、佐藤浩市(『Fukushima 50』)、菅田将暉(『糸』)、二宮和也(『浅田家!』)が選出された。