庵野秀明総監督の映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(公開中)の新たなビジュアルのポスターが、きょう19日より劇場で掲出されている(一部劇場除く)。

【写真】体のラインがくっきり!大胆ボディを披露した等身大・綾波レイのフィギュア

 新ビジュアルは、海の色は青く、砂浜にはシンジ・レイ・アスカ・マリ・カヲルに加えて、葛城ミサト・赤木リツコ・加持リョウジ・鈴原トウジ・相田ケンスケ・洞木ヒカリ・碇ゲンドウ・碇ユイ・冬月コウゾウといったキャラクターたちが、総作画監督・錦織敦史氏によって描き下ろされている。

 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの最終章となる今作は、公開初日(3月8日)からの7日間累計で興行収入33億3842万2400円、観客動員数219万4533人を突破。前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年公開、最終興収:53億円)の公開から7日間との比較は興行収入対比145.1%、観客動員対比133.6%と、ヒットを記録している。