NHKで放送中の連続テレビ小説『おちょやん』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。第15週は、主人公の千代(杉咲花)がこれまで何度も苦しめられてきた父・テルヲ(トータス松本)と向き合うという、ややヘビーな1週間となった。公式ホームページで連載されている、杉咲が本作についてのアレコレを語る「花note」では、警察の接見室でテルヲと話すシーンや、最後の一平とのキスシーンの裏話を明かしている。

【写真】過去の数々の非道を詫びるテルヲ(トータス松本)

 第75回(19日放送)の最後、千代の中で、テルヲの「アカーン」という声が聞こえる場面で、千代から一平にキスをしたのは、台本には書かれていなかったという。このシーンを撮る前日に、ディレクターから提案され、「成田さんには内緒で、本番だけキスをしようということになりました」と杉咲。成田演じる一平の「まるでファーストキスを奪われた男子みたいな顔」(杉咲)は、ガチだったようだ。「カットがかかったらすぐに『これは私がアドリブでやったわけではないんだよ!』と成田さんに釈明させていただきました」と明かしている。

 なお、『おちょやん』は放送後1週間、同時配信・見逃し番組配信サービス「NHKプラス」で観ることができる。

■『おちょやん』公式ホームページ
https://www.nhk.or.jp/ochoyan/