俳優の藤岡弘、と息子の藤岡真威人(まいと)が、26日公開の映画『旅立つ息子へ』にコメントを寄せた。

【動画】藤岡弘、が赤面!家での様子を語る長女・天翔愛&長男・真威人

 世界でいちばん愛する息子のために、キャリアも捨て、子育てに人生を捧げてきた元グラフィックデザイナーの父は、田舎で息子と2人だけの世界を楽しんできた。ところがある日、彼らに突然の試練が訪れる。自閉症スペクトラムを抱える息子を全力で守る父と、父の愛を受けとめて、心やさしい青年に成長した息子。世界中で共感と感動の涙がこぼれた、実話を基にした感動作となっている。

 今作について、弘、は「子を想う親の愛の深さ、真剣に向き合い、寄り添い通じ合う父と子の心情の機微。子供のために全てを注ぎ続ける父親の愛情に心揺さぶられ続けた。ラストシーンで子供の変化を瞬時に悟った父親の揺れ動く心、成長した子供を見送るその姿に感動。合掌、」とコメント。

 真威人も「なかなか超えられない自分自身の殻が誰しもあると思う。そんなまだまだ幼い自分を理解し、受け止め、愛してくれる人がいる。一緒に暮らしているとまるで当たり前のように感じてしまうこともありますが、親っていうのは、こんな風に子供を絶対的に愛し導いてくれる存在なんだ…と改めて感じた」と、今作で描かれた親の愛情について語っている。