お笑いコンビ・ザブングルが、あす20日、翌週27日放送のテレビ東京系のバラエティー番組『そろそろ にちようチャップリン』(毎週土曜 後11:55)に出演。今月末をもってコンビを解散する二人が“ラストコント”を披露する。

【写真】ザブングルが最後の勇姿… 涙するレッド吉田

 同番組では「22年間、楽しい笑いをありがとう!ザブングルのラストコント」と題した特別企画を2週連続で放送。レギュラー陣の内村光良、千鳥、井戸田潤(スピードワゴン)、角谷暁子アナに加え、ザブングルが指名したAMEMIYA、鬼ヶ島、スパローズらほぼ同期の顔ぶれが、有終の美を見届け、事務所の先輩・レッド吉田が司会進行として節目の瞬間に華を添える。

 ザブングルが最後に選んだコントは、二人の意見が一致したというテレビに出るきっかけになった20年前のネタ。AMEMIYA、鬼ヶ島、スパローズの3組は、ザブングルを絡めた特別バージョンの“惜別のネタ”を披露する。

 松尾陽介は、今月いっぱいで所属事務所との専属契約を終了し芸能界を引退、加藤歩は今後も単独で芸能活動を続ける。収録早々、レッドは目に涙を浮かべ、内村から惜別のメッセージと花束が贈られた。

 収録後、松尾は「こうやってほぼ同期の皆さんに集まっていただいて、番組にも、内村さん、スタッフの皆さんにも感謝しかないです。幸せ者です、私は。次の人生の励みになります。ありがとうございました」と感謝。一方で加藤は「松尾が引退するということで、本当にありがたい限りなんですけど、僕も引退するかのような…僕は花束をもらっていいんでしょうか(笑)」と恐縮しきり。

 芸人人生最後のネタを披露した松尾は「いや野球選手ですら引退試合なんてなかなかない中、引退試合をやって頂いたっていうのは本当に冥利につきますよ」と感慨深げ。加藤は「22年のラストを内村さんやたくさんの人に見て頂けたっていうのは本当に…。ラストのラストなんでぜひ見て頂きたいですね、僕らの最後の雄姿を」とアピールしつつ、松尾から「加藤さんも、もしかしたら二度と『チャップリン』に出ない可能性もありますよね」とツッコまれると、「そうですね。きょうの出来具合でいうと、僕もきょうで引退の可能性も無きにしも非ずなんで(笑)」と自虐的に話していた。