3月11日に発売された『羽生結弦大型写真集 光 −Be the Light−』(集英社)が、週間1.2万部(11,995部)を売り上げ、3/22付「オリコン週間BOOKランキング」で、11位にランクイン。同ランキング ジャンル別「写真集」及び「スポーツ関連本」で、同時1位を獲得した。

【別カット】天を仰ぎ、凛々しい表情を見せる羽生結弦

 本作は、フィギュアスケート・羽生結弦選手の大型写真集。仙台市出身のフォトグラファー・能登直氏が撮影した過去10年分のアイスショー、エキシビションの写真で構成され、A3判の大型サイズ、192ページと大ボリュームの内容となっている。

 なお週間売上1.2万部は、男性写真集の週間売上今年度3位【※1】【※2】の記録となっている。

【※1】今年度は2020/12/7付からスタート。
【※2】今年度の男性写真集週間売上1位:2021/2/8付『JO1 1st写真集『Progress』』(5.0万部)、2位:2020/12/28付『江口拓也セカンドフォトブック『CHOOSE RULE』』(1.8万部)

※オリコン“本”ランキングは2008/4/7 付~集計開始
<クレジット:オリコン調べ 3/22付(集計期間:3月8日~3月14日)>