19日放送のTBS系バラエティー『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(毎週金曜 後8:57)では、「金スマ芸人アカデミー賞」と題して、同局系ドラマで活躍した“芸人俳優”たちを共演陣や監督、プロデューサー推薦のもと、ドラマの名場面と共に表彰していく。

【番組カット】TBSドラマを彩った”芸人俳優”たちを表彰 

 今回ノミネートされた渡辺直美、霜降り明星・せいや、ハナコ・岡部大、ずん・飯尾和樹、カンニング竹山、我が家・坪倉由幸、3時のヒロイン・福田麻貴らは、出演したドラマでそれぞれが存在感を出し、その演技力も話題に。今回は、同局系ドラマ全面協力のもと、各作品の名場面を一挙に公開する。

 渡辺は、4月から活動拠点を海外に移すため、今回が最後の『金スマ』出演となる。2017年7月期放送の『カンナさーん!』で主演を務めるなど、女優としても活躍している渡辺だが、休みはゼロ、深夜に台本を覚える…など、売れっ子ならではの苦労や舞台裏を振り返る。また、若手時代から中居と共演していた渡辺が、中居との思い出も語る場面も。

 そのほか、昨年放送された日曜劇場『テセウスの船』での迫真の演技が大きな話題となった霜降り明星・せいやが「相方にも言えなかった」という大役抜てきの裏側を告白。また、『テセウスの船』最終回のラストに登場したハライチ・澤部佑のキャスティングは、『キングオブコント』優勝芸人との2択だったという。その芸人とは一体、誰なのか。

 さらに、松下由樹、戸田恵子、要潤、高橋メアリージュン、眞栄田郷敦ら共演者が、芸人俳優たちのすごさを語る。