『第44回日本アカデミー賞』の授賞式が19日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われ、最優秀作品賞に草なぎ剛主演の『ミッドナイトスワン』(内田英治監督)が輝いた。

【写真】主演・草なぎ剛は最優秀主演男優賞を受賞!

 本作は、故郷の広島を離れて東京・新宿で生きることを決断し、崩れ壊れてしまいそうな自己を自分自身で支えながら生きるトランスジェンダーの凪沙(草なぎ剛)と、親から愛を注がれることなく生きてきた少女・一果(服部樹咲)の姿を通して“切なくも美しい現代の愛の形”を描くラブストーリー。

 最優秀主演男優賞も受賞した草なぎ剛(46)は「まじか…。いいんですか?」と驚きの表情。そして「奇跡は起きるんだなと。諦めたりしないで、一歩ずつというか。たまには振り返ることもあると思いますが、そこから少しでも進むと、良いことあるんだな」と喜びを噛み締めた。

 そして「この映画を愛してくださり、ありがとうございました!」と感謝の言葉で締めくくった。

 優秀作品賞にはそのほか、『罪の声』(土井裕泰監督)、『Fukushima 50』(若松節朗監督)、『浅田家!』(中野量太監督)、『男はつらいよ お帰り 寅さん』(山田洋次監督)が選出された。