『第44回日本アカデミー賞』の授賞式が19日、都内で開催され、女優の長澤まさみ(33)が『MOTHER マザー』で初の最優秀主演女優賞を受賞した。

【写真一覧】二宮和也に小松菜奈も!授賞式に登場した豪華俳優陣

 過去に『モテキ』『海街diary』などで幾度も優秀主演女優賞を受賞してきたが、今回ついに最優秀賞の栄冠を手にした。スピーチに立った長澤は涙を見せながら「本当に沢山の方にささえられなければ映画作りはできないんだということを去年、身にしみて感じた。撮りたかった映画を作れなかった方もたくさんいると思います。映画が公開できず弱気になっている人もたくさんいると思います」と、新型コロナウイルスに翻弄されている映画界に思いを馳せた。

 続けて「そのなかで映画を公開してたくさんの方に見に来て頂けたことは本当にうれしいですし、これからも誠実に映画作りに向き合って、頑張っていきたいと思います」と力強い言葉で決意を新たにしていた。

 本作は、『新聞記者』(19年)などを製作した河村光庸プロデューサーが、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、『日日是好日』(18年)の大森立嗣監督とタッグを組んだ新たな物語。長澤は、男たちとゆきずりの関係を持ち、その場しのぎで生きてきたシングルマザーの秋子を体当たりで演じた。内縁の夫でホストの遼を阿部サダヲ、息子の周平を新人の奥平大兼が演じ、夏帆、仲野太賀らも出演した。

 優秀主演女優賞はそのほか『糸』の小松菜奈(25)、『朝が来る』の永作博美(50)、『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の長澤、『男はつらいよ お帰り 寅さん』の倍賞千恵子(79)、『一度死んでみた』の広瀬すず(22)が受賞している。