俳優の竹内涼真が主演する日本テレビ系連続ドラマ『君と世界が終わる日に』(毎週日曜 後10:30)では、21日放送の最終回を前に竹内、中条あやみ、笠松将、飯豊まりえらメインキャストによるウォッチパーティー企画が決定。第一部として放送直前の午後10時から30分間、Hulu、YouTube(日テレ公式CH・日テレドラマ公式CH)、GYAO!、ツイッター、インスタグラムにて生配信(Huluはチャット機能付きライブでの配信)する。

【動画】『キミセカ』最終回 響と来美の行方は…

 地上波ゴールデン帯の連続ドラマとしては日本初となる死と隣り合わせの“終末世界”で繰り広げられる本格ゾンビ作品である今作。最終回放送終了後は第二部として午後11時22分からアフタートークも実施。約6ヶ月の撮影期間を振り返りつつ、今だから話せる超ぶっちゃけトーク&同日Huluにて配信開始となるSeason2の見どころについて語る予定となっている。

 第9話では紹子(安藤玉恵)の命をつなぐため、駐屯地グループへ無線越しに取引を持ち掛ける響(竹内)。そんななか、交渉に応じたのは響の撃った矢に貫かれたはずの来美(中条)だった。交渉の場に医師の来美も同席することを約束させた響は、最後に来美にだけ伝わるメッセージを残し、通信を終える。それは響が今も来美を愛していることを意味していて…。取引場所で改めて再会する二人。万感の思いがこみ上げる響だが、来美は拳銃を手にし、響へと銃口を向ける。