人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が主演する日本テレビ系連続ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(毎週土曜 後10:00)。第9話(20日)放送後より、Huluオリジナルストーリー『レッドアイズ 監視捜査班 The First Mission』の配信が決定した。登場するのは本編の主人公・伏見(亀梨)を支える“元犯罪者たち”。KSBC(神奈川県警捜査分析センター)の発足前に時間を巻き戻し、元自衛官の湊川由美子(シシド・カフカ)、天才ハッカーの小牧要(松村北斗)、元大学教授で詐欺師の山崎辰二郎(木村祐一)が挑む浮気調査のてん末を描く。

【写真】松村北斗との“ながこま”コンビが反響を呼んでいる趣里

 本編は愛する婚約者の命を奪われた元刑事の探偵・伏見と天才的な頭脳を持った元犯罪者たちが、KSBCの特別捜査官として、国内に500万台あるといわれる監視カメラを駆使した科学捜査によって凶悪な連続殺人鬼に迫る、スリリングなサイバークライムサスペンス。最終章に突入した今作では、伏見たちがKSBCを次々と狙う「先生」と呼ばれる黒幕の正体へ確実に歩を進めながらも、まったく先の読めない展開で視聴者を翻弄している。

 HuluオリジナルストーリーはKSBC発足前のある日、伏見が留守にしているなか、残された『伏見探偵事務所』の湊川・山崎・小牧のもとへ、会社員・石山貴広(松本博之)から妻・玲子(内田慈)の浮気調査の依頼が入るところからスタート。玲子に接近した3人は、早々に気づかれるという失態を犯してしまう。

 そんななか、玲子が夫からDVを受けているのではないかと察知した湊川は、自分の過去の境遇と重ね合わせ、親身になって相談に乗る。これが“誰も予想しなかった大事件”を引き起こすことに。しかも、そこには“思いがけない罠”が仕込まれていて…。かつて伏見の婚約者を殺し、地上波の本編でも大きなカギを握る『青いコートの男』の影もちらつく、この事件。巧妙に仕組まれた罠のからくり、そして思わず身震いするラストシーンとは。

 未だ謎多き地上波本編ともつながる前日譚(ぜんじつたん)。尾上貴洋プロデューサーは「元犯罪者の湊川由美子、小牧要、山崎辰二郎。第1話から優れたチームワークを見せている3人ですが、『伏見探偵事務所時代はどのようにして過ごしていたんだろう?』という発想からこの物語は生まれました。まだ関係性が薄く気まずい関係の3人が、ある事件を通して絆を深めていく過程を描いています。どのようにして3人の絶妙なチームワークが生まれていったのか、がこの作品を見るとわかると思います。また事件自体も、地上波同様、スリリングな展開の中に悲しい人間の感情が横たわる物語になっています。『The First Mission』ぜひ楽しんでごらんください!」と呼びかけている。