3月末をもってプロジェクト終了が発表されたテレビ東京系のバラエティー番組『青春高校3年C組』(毎週月曜 深0:12)のベストアルバム『また会いたいと思える友に、人生で何人巡り逢えるか?』(3月31日リリース)に、番組プロデューサーの佐久間宣行氏と番組総合演出・三宅優樹氏の“テレ東社員コンビ”が歌唱するデュエット曲「俺のベビースターラーメン」が収録されることがわかった。

【画像】ベストアルバム『また会いたいと思える友に、人生で何人巡り逢えるか?』

 3月末でテレ東を退社する佐久間Pだが、17日深夜放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』(毎週水曜 深3:00)内で、今回のデュエット曲のリリースを発表。まさかのCDデビューの発表となったが、この「俺のベビースターラーメン」は大人の哀愁が漂い、味のある声は男のダンディズムさえ感じさせ、歌詞はくやしい思いをしながら仕事を頑張るサラリーマンの応援歌に仕上がっている。

 佐久間Pは「最初で最後?のレコーディングに臨むにあたり、1週間前から毎晩ベビースターラーメンを食べて気持ちを作っていったんだけど、三宅Dはやる気満々でこの為にボイストレーニングに通うほど熱が入ってたんだよね」「生徒への応援歌と思っていたらおじさんの応援歌だった(笑)。レコーディング前夜、テレビ東京退社のことを思い、ベビースターラーメンを食べながら飲んでいたら、気持ちがシンクロして涙がほろっとこぼれてしまった。やっと歌に入れた」と語っていた。

 『佐久間ANN0』放送中には、SNSでは「俺のベビースターラーメン」「CDデビュー」がトレンド入りし、コメントでも「佐久間さん、三宅さん、CDデビューおめでとうございます」「いい曲だねぇ。そして本当に声が良い。」「え!? CDデビュー!??」「ベビースターラーメン食べたくなった」など、非常に盛り上がっていた。