人気アイドルグループ・日向坂46の影山優佳が、女優としてスクリーンデビューすることが明らかになった。アニメ化もされて人気のラブコメ漫画(著:赤坂アカ/集英社)をKing & Princeの平野紫耀と橋本環奈で実写化した映画の第2弾『かぐや様は告らせたい2~天才たちの恋愛頭脳戦~(仮)』(8月20日公開)で、原作でも“裏ヒロイン”と人気の生徒会会計監査・伊井野ミコ役に大抜てき。影山は「ミコちゃんの魅力を表現できるように頑張ります。映画の公開を楽しみに待っていてください!」と意気込んでいる。

【写真】影山優佳の全身ショット&伊井野ミコのキャラ画

 本作は、将来を期待されたエリートたちが集う私立・秀知院学園を舞台に、頭脳明晰・全国模試上位常連の生徒会会長・白銀御行(平野)と、文武両道で美貌の持ち主・大財閥の娘である生徒会副会長・四宮かぐや(橋本)が、相手に「告らせる」ことだけを追い求めた命がけ(!?)の超高度な恋愛頭脳戦を繰り広げるラブコメ。2019年に公開された前作は、興行収入22.4億円、観客動員数180万人を超える大ヒットを記録した。

 互いにひかれ合っているのに、高すぎるプライドが邪魔して、素直になれないまま、いつしか自分から告白することが「負け」という呪縛にスライドしてしまった、不器用でピュアな白銀とかぐやの初恋。日々繰り広げられる2人の恋愛頭脳戦が理解出来ず、厳しく物申す者が現れる。それが、影山が演じるミコ。非常にまじめな性格で融通の利かない頑固者な上、正義は必ず報われると妄信している理想主義者だ。

 生徒会の中でも重要な一員であるミコ役を演じることになった影山は、日向坂46のドキュメンタリー映画『3年目のデビュー』(20年)に出演したものの、女優としては初の映画出演。「もともと原作もアニメも大好きな作品なので、お話を頂いたときは“こんな奇跡あるんだ!” と驚きとうれしさでいっぱいでした! ミコは、自分の中の正義を持っていて、少し頑固な所もあるけど自分の気持ちに凄く素直で、似ていると感じる部分もあり大好きなキャラクターです」と、話している。