漫画『見える子ちゃん』が2021年にテレビアニメ化されることが決定した。あわせてティザービジュアルとティザーPV、メインスタッフ情報が公開された。

【動画】あなたには見える?見えない? 恐怖のティザーPV

 無料漫画サイト「ComicWalker」で連載中の同作は、ある日突然、普通の人には見えない異形な“ヤバいやつ”の姿が見えるようになってしまった女子高生・みこの日常を描いた物語。異形な“ヤバいやつ”から逃げるわけでも立ち向かうわけでもなく、遭遇をすべてシカトで凌ぐ新感覚ホラーコメディー。「第4回みんなが選ぶTSUTAYA コミック大賞」第7位にランクインするなど支持を集めている。

 アニメ化が決定し、監督は『異種族レビュアーズ』の小川優樹、脚本は『幼女戦記』『亜人』の猪原健太が担当。アニメーション制作は『ひぐらしのなく頃に』など数々の人気作を手掛けるPassione。

 公開されたティザービジュアルは「見える版」「見えない版」の2種類あり、公式サイトには驚きの仕掛けが展開されている。

■監督:小川優樹コメント
僕はホラーが得意ではないので、みこの気持ちが本当にすごく分かって読みながらずっとみこに共感していました。皆さんにもこのみこの気持ちをお届け出来るよう精一杯頑張りたいと思います。

■シリーズ構成・脚本:猪原健太コメント
昔からホラー大好き、脚本デビューもホラー作品だったので、『見える子ちゃん』に関われることに言い知れぬ恐怖……ではなく、喜びを感じております。原作のヤバい化け物がアニメならではの動きや音で描かれるなんて、今からゾクゾクしています。怖がりの方もそうでない方も、是非「見える世界」をお楽しみください。

■キャラクターデザイン・総作画監督:嘉手苅睦コメント
『見える子ちゃん』は、ホラーとコメディがうまく融合したとても面白く秀逸な作品なので、そんなアニメに携われて嬉しいです!原作マンガの、怖いけどたまに笑えてしまう不思議な魅力をアニメで伝えられるように頑張ります!