人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が主演する日本テレビ系連続ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(毎週土曜 後10:00)最終話(27日放送)に、ヒップホップアーティストのZeebra(49)が出演することが20日、わかった。

【劇中カット】第2話で“クズ中のクズ”な犯人を演じた般若

 今作ではこれまでに輪入道、般若、呂布カルマ、KZ、崇勲、KEN THE 390、ACE、TKda黒ぶち、DOTAMAといった人気ラッパーが登場している。

 Zeebraが演じるのは、事件の黒幕である先生=鳥羽(高嶋政伸)が一連の事件を起こす“きっかけ”に関係する重要な役どころだ。今回の出演について、Zeebraは「やはり来たか、と(笑)」とコメント。続けて「毎回ラッパーが出演させて頂いていることが、ヒップホップ界ではかなりのニュースになっていて、2、3話の段階で『このメンツがくるってことは、最終回はZeebraなのか』とか、『ドラマのプロデューサーはZeebraなのか』とか、Twitterで言われてたんで(笑)、もしかしたら来るかもしれないなとは思っていました」と、オファーよりも前から『レッドアイズ』に注目していたことを明かした。

 物語全体の始まりとなる“ある事件”に関係している重要な役どころを演じたZeebra。ある意味、ラスボスとも言える悪役に「最近はヒップホップ専門のラジオ局を主催していたり、テレビ番組でもオーガナイザーというか、どちらかというと取り仕切る側のポジションをよくやってたんで、そういう意味ではピッタリかなという気はしました」とニヤリ。果たして、始まりとなる“ある事件”とは。そして、Zeebraが演じた役どころとは。