警視庁は17日、元YouTuberのワタナベマホトこと、職業不詳・渡辺摩萌峡容疑者(28)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで逮捕したと明らかにした。

【写真】結婚のお相手…ウエスト12センチ減で写真集撮影に挑んだ今泉佑唯

 警視庁によると、渡辺容疑者は昨年11月、少女(当時15歳)にスマホでわいせつ画像を撮影させ、その画像データを自身のスマホに送信させたという。

 渡辺容疑者をめぐっては今年1月、YouTuberのコレコレが自身の動画で、昨年11月から渡辺容疑者が未成年の女性に対しわいせつ写真を送るよう要求していたことなどを告発。当時、渡辺容疑者の所属していたUUUMが事実確認したところ、渡辺容疑者が概ね内容を認めたため、1月22日をもって同社は渡辺容疑者との契約を解除していた。

 また同社は、渡辺容疑者が告発を受け警察署に事情説明と相談のため出向いたことも報告しており、「本件調査については以降、警察に委ね、当社は全面的に警察に協力してまいります」としていた。

 その後、1月27日には渡辺容疑者のYouTubeチャンネル『マホトMAHOTO』がアカウント停止で動画が閲覧できない状態に。また、2016年6月から2020年3月まで使用していたYouTubeチャンネル『ワタナベマホト』の動画も、3月2日までにすべて削除された。また同日、自身のツイッターにてYouTuber引退を発表した。