俳優のキム・ジェヒョンが21日よりHuluで配信される日本テレビ×Hulu共同製作ドラマ『君と世界が終わる日に』Season2に出演することが決定した。現在、日テレ系で放送中のSeason1では、壮絶な死を迎えたミンジュン役として参加。死んだはずのミンジュンと同じ顔を持つ男として物語に再登場する。キムは「Season2の出演が決まった時は本当にうれしくて…。撮影現場に行った時、監督やスタッフの皆さんが、『おかえり』と言ってくれたことに、本当にびっくりして感動しました!」と歓喜のコメントを寄せた。

【第9話場面カット】緊迫した雰囲気… 再会を果たす響&来美

 今作は“生きる屍”=ゴーレムが占拠した終末世界を舞台に、主人公・響(竹内涼真)が離ればなれになった恋人・来美(中条あやみ)と再会するため、壮絶なサバイバルを展開する極限ゾンビサバイバル。口数は少ないが心優しい韓国人青年ユン・ミンジュンは街に取り残された生き残りの一人で、テコンドーを武器に響とともに数々の修羅場を潜り抜けてきた。しかし、第7話で彼が“テロリスト”の一員だと勘違いした来美によって傷を負わされ、そのことが原因でゴーレムに噛まれて命を落とすことになってしまった。

 放送直後からSNSでは「ミンジュンがいないなんて考えられない」「ミンジュンがいない世界に癒しも救いもない」「ミンジュン生き返ってください」と、“ミンジュンロス”に陥った視聴者から、彼の死を惜しむ声、復活を望む声、数多くの投稿が寄せられたといい、今回の出演はそんなファンにとっての吉報となりそうだ。

 今回解禁された場面写真では、黒髪に、黒い服装の冷たい表情をした男の姿が映し出されている。一体この男は何者なのか、そして何話から登場するのかもまだ明かされていない。なお、キムの出演シーンの撮影は、Season1と2含めすべて終了している。

■キム・ジェヒョン コメント

『君と世界が終わる日に』の出演が決まった当初は、日本で初めてのドラマ出演だったので『どうしようかな、大丈夫かな?』と思っていたのですが、今はもっと撮影したいという気持ちでいっぱいです。
だからSeason2の出演が決まった時は本当にうれしくて…。撮影現場に行った時、監督やスタッフの皆さんが、「おかえり」と言ってくれたことに、本当にびっくりして感動しました!演技をすることは、僕の中では“役という洋服を着る”ことだと思っています。
Season1ではミンジュンという役を着ました。Season2でも役を着ることになるのですが、Season1の時よりも、現場の監督とも打ち解けていたので「役について研究したのですが、どうですか?」と意見を言って一緒に作っていくことができました。僕が演じる新しいキャラクターに、ぜひ注目してください。
そして、いよいよSeason1最終回です。みなさん、物語では、最後が一番大事です!響と来美が再び会えるか、会えないか。正直、僕も気になっています!僕も彼らに会いたい!観たい!(笑)ミンジュンが死んじゃっても、Season1を最後まで見守ってください!