テレビ東京で17日に放送される『視聴者様に飼われたい!第3弾』(後10:00~10:54)。この番組は芸人たちが賞金をかけ、あるルールのもと、過酷な生活に挑戦するバラエティー。しかも芸人たちに「食べ物」から「道具」までの全てを与えるのは、視聴者。タイトル通り視聴者に飼われてみる番組だ。

【写真】こんな感じでリモート取材を受けてくれました

 今回は、お笑い芸人コンビ「ザ・マミィ」が「視聴者の庭になっている物しか食べられない生活」に、「エイトブリッジ」が「水分を雨水でなんとかする生活」に挑んだ。2組は無事、賞金を手にすることができたのか?

 VTRを見届ける番組MCは、前回と同じフワちゃんと小峠英二(バイきんぐ)、さらに『モヤモヤさまぁ~ず2』などの人気番組を支える大人気コンビ・さまぁ~ず(大竹一樹、三村マサカズ)も参加。このほど行われた収録の直後に話を聞いた。

――さまぁ~ず×フワちゃんのMC初共演はいかがでしたか?

【三村】フワちゃんからオレらと一緒にやりたいと言ってくれたと聞いて、本当にうれしかったんですよ。会ったこともなかったんで。一緒にやってみたいと素直に思いました。

【大竹】フワちゃんのことは、毎日のようにテレビで見ていますから、一緒にやれてうれしかったです。

【フワちゃん】喜び素直でかわいい~。

【三村】去年の自粛中、フワちゃんの動画ばかり見ていたからね。

【大竹】今回、一緒にやってみて、さすがだなって思いました。

【フワちゃん】前回、小峠さんと二人きりの時もめちゃくちゃ楽しくて。まさか、さまぁ~ずさんが来てくれると思わなかった。半ばボケ、スタッフを和ませるつもりで「さまぁ~ずさんと一緒にやるとか無理なの?」って言ってみたら、本当に来てくれることになってびっくりした。宝くじで500円当たるよりうれしい。

【小峠】さまぁ~ずのお二人はやさしくて、人当たりがやわらかくて、さらに面白い。大先輩ですけれども周りに気を使わせる感じもなく、フワちゃんともいい感じで化学反応が起こりまして、この場にいられてうれしいです。

【フワちゃん】小峠さんは最高のバディって感じ。一緒にいるだけで楽しいし、明るいし。こっちが変な球を投げても、そうやって手玉に取るんだなって(笑)。あと、あいさつってだいたい「おはようございます」と一回しか言わないのに、小峠さんは「あ~、おはようおはようおはよう」って10回くらいいってくれるのがうれしい。

 さまぁ~ずさんはきょう初めて会ったから本当にうれしくて、いい意味で本当にテレビで見たまんまのさまぁ~ずさんだった。“男子”って感じ。VTRを見ているときも、ちょっとマスクがずれていたのが気になったみたいで、それからずっとマスクの話しているんだよ。「ちょっと、ちょっと」っていいながらも「これ、これ、これがさまぁ~ず」ってワクワクしちゃった。お二人の仲良しな感じも良くて、初めてなのにこんなに緊張しないでやらせてくれるんだって、めっちゃ楽しかった。親戚みたい。絶対、さまぁ~ずと血がつながっていると思う。

――今回の番組の手応えは?

【小峠】ここ最近ではかなり過酷な企画じゃないですかね。昔はよくあったような感じのテイスト。4人でくさしたり、応援したりしながらVTRを見てましたけど、どちらのコンビも山あり谷ありって感じで、非常に面白かったと思います。

【三村】地方に行くと広いから、情報もらってもなかなか取りにいけないとか、SNSで情報だけ広がっても難しいんだなっていうのがわかりましたよね。東京でやっていたならもうちょっと楽なのかな、情報化社会の中の不思議を見ました。

【小峠】そんな重いテーマでもないけど。

【大竹】「ご協力お願いします!」って呼びかけたやつをさ、みんなどうやって見たのかな?システムがよくわかっていないんだけど。

【フワちゃん】理解していないでやってたの?

【小峠】今の時代だからできる、ひと昔前だとできない企画ですよね。

【大竹】昔は、一人でなんとかしなきゃいけなかったところを、今はSNSで、手を差し伸べてくれる人と出会えるってことでしょ。

【三村】この番組もさ、すごく流行っちゃうと協力者が増えて、過酷生活が過酷じゃなくなっちゃうから、そこそこヒットがいいね。

【大竹】昔もあったよね。貧乏ロケをしていても、有名になってくるといろんな人が手を差し伸べてくれてね。

【小峠】過酷さを見たいという企画が破綻しちゃうわけね。

――皆さんが呼びかけたら協力してくれる人が殺到しそうですね。飼われてみたいと思いますか?

【小峠】満場一致でここにいる4人は「飼われたくない」って言ってますね(笑)。

【フワちゃん】親の命がかかっているとかじゃないと嫌だ。

【大竹】僕らがやったらもう死ぬね。

【小峠】我々の年になるとね。

【三村】間違いない。