人気アイドルグループ・乃木坂46の齋藤飛鳥が、23日発売のアイドル誌『アップトゥボーイ Vol.301』(ワニブックス)の表紙に登場。3年ぶりの同誌カバーで、男性写真家と女性写真家が異なるテーマ&衣装での撮り下ろしで、2つの魅力を見せた。

【別カット】白い腕スラリ…振り返る姿が美しい齋藤飛鳥

 “MYSTICAL”と名付けられた前半パートでは、幻想的な世界観の中でのはかなく甘い切り口で、『Vol.299』の梅澤美波の裏表紙も担当したFujii Yui氏が撮影。そして後半の“INDUSTRIAL”パートは、『Vol.289』の山下美月の表紙のアートワークも印象的だった唐木貴央氏が担当。こちらは前半と打って変わって強く美しくクリアな齋藤を堪能できる。

 続いてのグラビアは、今月末で乃木坂46からの卒業する2期生・堀未央奈が登場。これからは1人の表現者として、冷たい水の中へと飛び込んでいく彼女が、門出に当たって「アップトゥボーイができること」を考えた時、“アイドルの今だからこそできる、ただひたすらに美しい堀未央奈を撮る”という、13ページのグラビアが完成した。

 さらに、乃木坂46 から4期生の田村真佑も登場。これで3度目のソログラビアとなり、前回のグラビア「OLまゆたん」が直球だとすると、今回は変化球も織り交ぜた、今までにない仕上がりに。王道の“きれいなお姉さん”要素もありつつ、“見たことのないまゆたん”にもたくさん出会える、そんな12ページのロンググラビアとなる。

 田村は撮影終了後に、「私、こういう服を着て撮影してもらいたいとずっと思ってたんです」と告白。そう話したカットは、付録のポスター写真に採用された。さらに、自身初となる裏表紙も飾っている。