女優の西野七瀬(26)が主演、俳優の千葉雄大(32)が共演するAmazon Originalドラマ『ホットママ』。今作で初共演を果たした二人は、ママ・パパ役にも初挑戦。役柄同様に二人三脚で歩んだ撮影現場を振り返ってくれた。

【写真92枚】さまざまな表情を見せる西野七瀬&千葉雄大

 同ドラマは、2013年に中国で放送され、仕事に子育てに奮闘する主人公の姿が大きな反響を呼んだ大ヒット作を日中共同プロジェクトとして日本版にリメイク。西野がアパレル会社「アヴリール」のレディース部門で働き、世界に通用するファッションディレクターを夢見る主人公・夏希、千葉が夏希に想いを寄せる大学時代の同級生・元哉を演じる。

 初となるママ役のオファーを受けて「台本を読んで、監督さんやプロデューサーさんたちと顔合わせする時に『この役を演じている自分が想像できないです』と言ってしまいました(笑)」と素直に明かしながら「たくさんのアドバイスをいただき、助けていただいたことで夏希として最後まで撮影できました」と語る。

 同じくパパ役に初挑戦の千葉も「お父さん役をガッツリやらせていただくのが初めて。純粋にうれしかったです」と目を輝かせ「元哉という役は、子育てや仕事に対して一石を投じる面もあると思う。とても面白い役だと思って演じさせて頂きました」と確かな手応えをにじませた。

 初共演のエピソードに花を咲かせた西野は、千葉をチラリと見ながら「お芝居の面では引っ張っていただきましたが、親としての部分は一緒に知っていくことができて安心しました」と感謝。そんな西野に対して千葉は「マイペースなイメージでしたけど、強い女性の役が似合うなと思いましたね」と印象の変化を明かした。

 また、お互いに撮影現場で「赤ちゃんを笑わせるのが難しかった」と口をそろえる。特に“子煩悩ぶり”を発揮していたという千葉が「抱っこの仕方からあやし方、意外とワッとするのに喜んでくれましたね」と明かすと、西野が「千葉さんが急に踊りだしたりして『こんな一面があるんだ?』って思いましたね。急にノリノリになったり、白目になったりして(笑) 赤ちゃんをあやしてる時もすごい変顔をしたりしてました」と告白すると、千葉は「本当に? あー、やってたかも(笑)」と照れくさそうな表情を浮かべた。

 作品の放送を直前に控え「ファンの方にも初めて見せるような姿だったり、表情が詰まっていると思います」とアピールした西野は「全体のストーリーも面白く、最後まで楽しく見てもらえたら」。千葉も「世界観はポップですけど、扱っている題材は社会的な部分も含んでいると思います。そういった意味でも考えるきっかけになる作品だと思います。少しでも元気になってもらって、前向きな気持になるドラマになっていると思います」と呼びかけていた。

 そのほか、ファッション業界のカリスマ敏腕上司・塔子役を板谷由夏、元恋人・幸次郎役を味方良介、後輩役を横田真悠と萩原利久が務め、“中国で最も有名な日本人”と称される矢野浩司も出演。監督は、ドラマ『ファーストクラス』(フジテレビ)の宮脇亮氏、ドラマ『チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』(読売テレビ)の北川瞳氏が務める。

また、女性シンガー・Aimer(エメ)が主題歌「ever after」を担当。深みのあるハスキーボイスで、仕事に子育てに日々奮闘する主人公の気持ちに寄り添い背中を押すような楽曲に仕上げた。同作は、Amazon Originalドラマとして3月19日より、Prime Videoで独占配信。毎週金曜午後8時に3話ずつ配信、全12話。(C)「ホットママ」製作委員会