俳優の小栗旬がハリウッドデビューを飾る映画『ゴジラvsコング』(5月14日公開)の日本限定ポスターのビジュアルと、全て初出しとなる場面カット10点が新たに解禁された。この日本限定ポスターは、今週19日(金)より全国の劇場(一部劇場を除く)でお披露目となる。

【写真】突然、出現したゴジラを見つめる蓮(小栗旬)など、初出し場面カット

 日本限定のポスターでは、“破壊神”ゴジラと“守護神”コングが、モンスター・ヴァースシリーズでは初の舞台となるネオン輝く香港の中心街にて対峙。まさに頂上決戦、“地球最大の究極対決”の火蓋が切って落とされる瞬間が描かれている。

 小栗が「最初から最後まで、息つく間も無い怒とうの迫力で、よくこんな事を考えるなぁと思うくらいアイデアに満ちています。圧倒的なエンタテインメント!」と太鼓判を押す本作。場面カットも見応えたっぷりで、本編への期待は高まるばかりだ。

 ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズ、東宝が提携し、『GODZILLA ゴジラ』(2014年)より展開してきたハリウッド版『ゴジラ』シリーズと、『キングコング:髑髏島の巨神』(17年)がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズ。その第3弾となる『ゴジラキング・オブ・モンスターズ』は、2019年5月31日に全世界同時公開され、これぞゴジラ!という怪獣バトルに世界中が熱狂し、大ヒットを記録した。そして、最新作『ゴジラvsコング』では、かつて日本で制作された『キングコング対ゴジラ』(1962年)以来となる夢のマッチメイクが、ふたたび実現。

 『キングコング:髑髏島の巨神』での世界から約40年を経てゴジラに迫る337フィート(約103メートル)もの体長へと成長したコングと、前作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』で怪獣たちとの死闘の末、王<キング>として覚醒したゴジラが相まみえる映画史上最も壮絶なバトル。果たして、最強はどちらなのか?

 本作で小栗が演じる芹沢蓮(せりざわ・れん)は、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズ前2作で渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子という、重要な役どころ。初めての本場ハリウッドの撮影で小栗は、「好奇心一杯で臨んだハリウッド映画…。その印象について言えば、当初、映画は映画…大きな違いは無いと高をくくっていたのですが、時間が経つに連れて、そのオペレーションの大きさ、セットのスケール、撮影に携わっているスタッフの人数、シーンにかける潤沢な撮影時間など、さすがと納得させられ、メジャーリーグのパワーに圧倒される想いだった」と、ハリウッドならではの撮影環境に刺激を受けた様子。

 「見たことが無いくらい巨大なセットに身を置くと、その世界観の大きさが、演ずる者達を奮いたたせ、力を与えてくれているのを感じ、没頭する様に撮影にのめり込んでいきました。アダム監督とは、何度もテイクを重ねていく中で、演技によるいろいろな表現を試みる事が出来て、良いコミュニケーションを取って進められた」と語り、撮影中の充実ぶりを伺わせている。