全世界興行収入No.1の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のラストシーンから直結する物語を描く、ディズニープラス オリジナル作品、マーベル・スタジオ第2弾ドラマシリーズ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』が、日本時間で19日午後4時に日米同時配信される。待ちきれないファンへ、瞬き厳禁(!)最新予告映像が解禁された。

【動画】『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』ファイナル予告編

 “世界で今最も人気があるドラマシリーズ”にも選ばれ、先日最終話を迎えた『ワンダヴィジョン』に続く、新たなキャプテン・アメリカを巡る物語がついに始動。『アベンジャーズ/エンドゲーム』のラストで、アベンジャーズの先頭に立ち、世界の平和を守ってきたヒーロー、キャプテン・アメリカが、自身の象徴である盾(シールド)を託したのは、共に戦ってきた人工の翼を駆使する空飛ぶ戦士ファルコン(サム・ウィルソン)だった。

 本作は、ファルコンに加え、かつては洗脳され暗殺者として活躍していたものの、本来の人格を取り戻し、長年の親友であるキャプテン・アメリカと共に戦うようになった超人兵士、ウィンター・ソルジャー(バッキー・バーンズ)が主人公となる。盾を託されたファルコンは、キャプテン・アメリカが担ってきたリーダーシップや平和を守るという責務が自分では背負い切れないのだと考え悩みはじめるが、やがてウィンター・ソルジャーと共に世界を揺るがす壮大な戦いに巻き込まれていくこととなる。

 今回解禁された映像は、冒頭からキャプテン・アメリカから受け継いだ盾の重要性が分かるものとなっている。ウィンター・ソルジャーが、「あの盾は 人々にとって心の支え」というように、盾を持つ意味や人々への影響力、さらにはこれまでキャプテン・アメリカが担ってきた人々の“平和のシンボル”としての重要性が改めて説かれている。

 その重要なアイテムを正式に受け継いだものの、シールドの扱いやそれを持つことに対する重圧に苦悩するファルコンが「シンボルは人々が意味を与えてこそだ」と演説する姿からは、キャプテン・アメリカという存在の大きさへの葛藤や苦しみが伺える。

 しかし、物語は『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後の世界。サノスにより姿を消されていた半数の人々が5年という時間を経てある日突然戻ってきた世界は混乱を極め、人々は絶対的なヒーローそして“シンボル”に救いを求める状況になっていった…。

 そんな混沌とする状況の中、新たな敵と戦うことを与儀なくされたファルコンとウィンター・ソルジャー。予告からは二人の微妙な関係性も見てとれるが、息の合ったアクションシーンも見逃せない。

 さらに映像には、多くの人々の歓迎を受けて登場する“キャプテン・アメリカ”を彷彿とさせる新たなキャラクターの姿も…? 絶対的なヒーロー、キャプテン・アメリカを失い、混乱に陥った世界を舞台に、キャプテン・アメリカの意志を継ぎ、世界の希望の星となるのは誰なのだろうか?

 また本映像には、初公開となる場面も満載。ドラマシリーズの概念を超えるほどのド迫力でスピード感あふれるアクションシーン、目まぐるしい場面の移り変わりは瞬きが惜しく、本編でのアクションシーンのクオリティーを期待せずにはいられない映像となっている。