映画『プリキュア』の最新作『映画ヒーリングっど◆プリキュア ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!』(◆=ハート)が20日に公開。これにあわせて、キュアグレース/花寺のどかを演じた悠木碧、同作に出演した『Yes!プリキュア5GoGo!』のキュアドリーム/夢原のぞみを演じた三瓶由布子、プリキュア新シリーズ『トロピカル~ジュ!プリキュア』でキュアサマー/夏海まなつを演じるファイルーズあいが、ORICON NEWSの動画インタビューに登場した。歴代ヒロインたちしか知りえない“プリキュア声優あるある”を語り合ってくれた。

【動画】”プリキュア声優あるある”を語る! 歴代ヒロイン声優「ヒープリ」悠木碧・「5GoGo!」三瓶由布子・「トロプリ」ファイルーズあいが集合!

 「プリキュア声優になると、こんなイイことがある」という“あるある質問”に、悠木は、プリキュアのトレーナーを着ている近所の子どもたちと遭遇したことを回想。「子どもたちの夢に近い作品ということを感じられるのはプリキュアならではの特権!」と語り、キュアグレースを演じていることを胸の内に秘めながら、目前の光景に大喜びしたそうだ。

 また、三瓶は「映画館とかでライトを振ったりするのは、目に見える形で応援してくれるというのを実感できる」と劇場版の良さを語ると、新プリキュアとなったファイルーズが「プリキュア5が中学生の頃でした」と反応。三瓶は、シリーズ作品の歴史の深さを、身をもってして気づかされたようで、「出た!」と絞るような声を出して、後輩ふたりを笑わせていた。

 本作の舞台は、ゆめペンダントの力で心の中に思い描いた夢を映し出すことができる“ゆめアール”体験が大流行中の東京。そんな夢であふれた楽し気な“ゆめのまち”に突如現れるのが、謎の敵エゴエゴ。みんなの夢、そして不思議な力を持つ“ゆめアールプリンセス”カグヤを狙うエゴエゴの目的は一体何なのか?『トロピカル~ジュ!プリキュア』の短編映画『映画トロピカル~ジュ!プリキュア プチ とびこめ!コラボ◆ダンスパーティー!』(◆=ハート)も同時上映される。