日本を代表するドラマーの村上“ポンタ”秀一さんが9日、70歳で亡くなった。村上さんは2月8日から視床出血のため入院していた。葬儀・告別式は親族のみで執り行われたという。

【写真】村上“ポンタ”秀一さんを2ショットとともに追悼したダイアモンドユカイ

 村上さんは1972年、フォーク・グループ“赤い鳥”に参加しプロデビュー。以降、渡辺貞夫、山下洋輔、坂本龍一、後藤次利らミュージシャンとのセッションや、井上陽水、吉田拓郎、山下達郎、松任谷由実、吉田美奈子、矢沢永吉、沢田研二、さだまさし、泉谷しげる、桑田佳祐、長渕剛、EPO、角松敏生、尾崎豊などのスタジオ・レコーディング、ライブに参加。レコーディング数はゆうに1万4000曲を越え、日本を代表するドラム奏者として活躍し続けた。