お笑い芸人の脳みそ夫(41)が14日、自身のツイッターを更新。12日の日本テレビ系『スッキリ』(月~金 前8:00)で、アイヌ民族の女性を取り上げたドキュメンタリー番組を紹介した際、披露した謎かけの中にアイヌ民族を差別する言い回しがあったことについて謝罪した。

【写真】まさかのウェディング姿で「婚ちわ〜す!」 幸せオーラ全開の脳みそ夫

 直筆の書面で脳みそ夫は「この度は、ドキュメンタリー作品の出演者ならびにアイヌ民族のすべての皆さまにお詫び申し上げます。今回の件で僕の勉強不足を痛感いたしました」とし「知らなかったとはいえ、長い年月にわたり、アイヌの皆さまが苦しまれてきた表現をすることになってしまいました。大変申し訳ございませんでした」と謝罪。

 「社長のお知り合いにアイヌ民族の研究をされている方にお力添えいただき、ドキュメンタリー作品の出演者の方にお会いする機会をいただきました。誠心誠意謝罪の気持ちを伝えて参ります」と伝え「許されるなら、これを機にアイヌの皆さんの歴史や伝統、文化の勉強をしていきたいです」と記した。

 また、同日には、所属事務所・タイタンの太田光代社長もツイッターを通じて「この問題に関しまして。私及び弊社としましても重大な問題であると考えております。真摯に受け止め、関係者の皆様に誠心誠意対応させていただく所存です」とコメントしている。

 なお、同局は12日の夕方のニュース番組などで謝罪していた。

■以下、脳みそ夫、手書き書面全文

この度は、ドキュメンタリー作品の出演者ならびにアイヌ民族のすべての皆さまにお詫び申し上げます。
今回の件で僕の勉強不足を痛感いたしました。
知らなかったとはいえ、長い年月にわたり、アイヌの皆さまが苦しまれてきた表現をすることになってしまいました。
大変申し訳ございませんでした。

数日間、事務所の社長やマネージャーと相談をし、色々と考えていました。

社長のお知り合いにアイヌ民族の研究をされている方にお力添えいただき、ドキュメンタリー作品の出演者の方にお会いする機会をいただきました。誠心誠意謝罪の気持ちを伝えて参ります。

許されるなら、これを機にアイヌの皆さんの歴史や伝統、文化の勉強をしていきたいです。
僕は笑いを通して歴史を知ってもらいたい気持ちがあり、そういうネタはたくさんあります。今後は僕なりの表現で勉強したことをお伝えできるように頑張ります。

本来、僕が紹介していたドキュメンタリー作品『Future is MINE -アイヌ、私の声-』

是非みなさまに観ていただきたいと思います。どうかよろしくお願いいたします。

脳みそ夫