俳優の生田斗真が主演し、13日に最終回を迎えたテレビ朝日系オシドラサタデー『書けないッ!? ~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』。そのメインキャラクターの一人、菊池風磨(Sexy Zone)が演じる大学生・仙川俊也を主人公に描く『書けないッ!? スピンオフドラマ ~大学生 仙川俊也の筋書きのない人生~』(15分×全4話)が、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で全話4話一挙配信がスタートした。

【写真】仙川への対応が面白い空(潤浩)

 このスピンオフドラマも本編と同じ福田靖氏が脚本を手掛けており、周りの人に振り回される仙川の日常をコミカルに描く。

 本編の主人公・吉丸圭佑(生田)の長男・空(潤浩)の家庭教師だった仙川は、突然ゴールデンタイムの連続ドラマのメインライターという大仕事を引き受けた圭佑のアシスタントを務めることになり、吉丸家に入り浸るようになっていた。大手外食チェーンに就職が内々定し、卒業後はそのままサラリーマンとして生きていくということに何の疑問も感じていなかった仙川だが、脚本家として悪戦苦闘する圭佑や、妻でベストセラー作家の奈美(吉瀬美智子)と接するうちに、自分の人生を見つめ直すことになる。

 進路について悩み始めた仙川は、思いを寄せる吉丸家の長女・絵里花(山田杏奈)に対しても絶賛空回り中で…。“恋する家庭教師”の進路と恋の行方は…? いろんな人に振り回されてアタフタ、愛すべき仙川の魅力がさく裂するストーリーとなっている。またTELASAでは、『書けないッ!? ~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』の本編を1話から最終話まで全話一挙配信中。

■各話あらすじ
<Lesson 1>
 大学4年生の仙川俊也(菊池風磨)は、早々に大手外食チェーンに就職が内々定。現在は、脚本家・吉丸圭佑のアシスタント、空(潤浩)の家庭教師として吉丸家に入り浸っている。卒業後はすんなり社会人になるものだと思い込んでいた仙川だが、自分のやりたいことを仕事にし、苦しみながらも困難を乗り越えていく圭佑をサポートするうちに、「このままサラリーマンになっていいのだろうか…」と悩み始める。

 また、思いを寄せる絵里花(山田杏奈)から、本当の父親・村瀬陽太郎(やついいちろう)について相談されるうちに、あろうことか仙川自身が陽太郎と友だちになってしまう! さらに、どうしても現在の絵里花の姿が見たいという陽太郎から、“大好きなバンドのメンバーに会わせてやる”とエサをチラつかされ、絵里花の隠し撮りを試みるのだが…?

<Lesson 2>
 絵里花の隠し撮りが空にバレた仙川は「これには大人の事情がある…」と、口封じしようとする。しかし、何か裏があると感じた空は相棒の牧村千春(栗野咲莉)と仙川を尾行し、陽太郎との密会現場を目撃してしまう。

 一方、仙川は陽太郎と待ち合わせたカフェで、『富豪教師Q』に出演していた俳優・左門トオル(オラキオ)に出会い、次回作を圭佑が通い詰めていた脳冷却の女、もとい現在は新進気鋭の脚本家・一条桜子(土村芳)が書くことを知る。DJ YOOとしてわが道を行く陽太郎、ついに夢をつかんだ桜子…好きなことを仕事にしている2人の強い“覚悟”を知り、仙川はますます自分の進路について悩み始める。

<Lesson 3>
 陽太郎に会った仙川は、空と千春に呼び出され「吉丸家の平和を乱したいの!?」と詰め寄られたと聞かされ、ガク然…。するとそこに、圭佑の妻でベストセラー作家の奈美(吉瀬美智子)が現れる! 空から話を聞いて乗り込んできたという奈美は、仙川を介してコソコソ絵里花のことを探る陽太郎にブチギレで…?

 そんな中、左門からドラマの脚本を読ませてもらった仙川は、桜子に会いに行き、「登場人物に愛がない」と告げる。しかし、桜子から「素人さんに偉そうなことを言われたくない!」と一蹴されてしまい…?

<Lesson 4>
 仙川と陽太郎が繋がっていることを知った絵里花が、「やっぱり本当のお父さんに会ってみたい」と言い始める。ついに絵里花からその思いを告白された奈美は、圭佑にもきちんと話して了承を得るべきだと諭す。そしてついに15年ぶりに絵里花が陽太郎と対面――。絵里花は圭佑が書いた陽太郎への手紙を読み始める。さらに、ようやく肩の荷が下りた仙川にも陽太郎からのビッグサプライズが!

 一方、ついに進路を決定する時期が近づいてきた仙川の選択とは…!? そして気になる恋の行方は――?