歌手のLiSAが15日、東京・半蔵門のTOKYO FMホールでラジオイベント『SCHOOL OF LOCK!×LiSA MY GENERATION2021』を開催。『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネット 月~金 後10:00)の特別企画で、全国からの応募で選ばれた数人の10代リスナーと「旅立ちの日に」を合唱した。

【写真】満面の笑みでダブルピースするLiSA

 まずは、学生たちの合唱を聞いたLiSAは「すばらしいですよ。声も出ていますし、最初の出だしがすごく静かなのに対して、後半どんどん盛り上がっていくのが、すごくグッときました。みんなが大きな気持ちをまとめて届けてくれているので、すでに一体感がありました」と絶賛。その後、ともに合唱すると「みんながまっすぐ私のことを見てくれたので、全部連れて行くぞみたいな、ライブしながら、みんなと一緒に歌っている感じでした」と声を弾ませた。

 やや緊張している学生たちに「腕を伸ばしましょう、大きく息吸って、脱力してー」と緊張を和らげる方法をレクチャー。さらには「『炎』のサビいきましょう」と提案すると、ピアノ伴奏つきで、一緒に合唱するサービスも見せ「すばらしい! これで私たちの気持ちもひとつになった! 旅立っていく、自分たちの未来を思い描きながら、たくさん感謝を込めて、一緒に歌いましょう」と本番に臨んだ。

 本番でも見事な歌唱を披露したが、LiSAは「こんな時期だから、できないことがたくさんあって、卒業式も大切な行事だったと思うんですけど、それが普通に行えなくて。そういった思いや、仲間への思いが歌にこもっていて、すごく感動しました」としみじみ。「みなさんがここから進んでいく未来が、きっと明るいものだと思っています」と全国の生徒たちに力強いエールを送っていた。

 この日の模様は、『SCHOOL OF LOCK!×LiSA MY GENERATION2021~日本で一番遅い卒業式』として、29日の午後7時からLINE LIVE、番組公式YouTubeアカウントで配信される予定となっている。