人気アイドルグループ・乃木坂46の樋口日奈が15日、都内で行われた舞台『フラガール− dance for smile -』のけいこ取材会に登場した。

【写真】華麗な腰使い!フラダンスをする乃木坂46・樋口日奈

 同作は、昭和40年という時代を背景に、エネルギーの石油化の波に飲まれながらも、需要の下がる石炭を堀り続ける福島県いわき市の炭鉱町を描き、滅んでいく産業の中で働く人間が、力強く生きていく姿を表現した、常磐ハワイアンセンター設立までのエピソードをフラガールに生まれ変わっていく少女たちの物語。2006年に公開された映画『フラガール』の舞台版となっている。

 フラガールのリーダー谷川紀美子役の樋口は「今回初めての主演で、不安もあったのですが、キャストのみなさんと団結して、物語に込められた思いや人の心を動かす少女たちの熱い気持ちをみなさんの心にぶつけられるように頑張っていきます!」と意気込み。

 けいこの思い出を聞かれると「フラダンスは激しい腰の動かし方もあります。フラの練習をみんなで汗をいっぱい流して練習をするというのが、部活のようなみんなの一生懸命さがぶつかり合っている感じが、この作品の魅力だと思います。達成感、みんなと団結する感じがけいこの時点からあるので、舞台に立つのが楽しみです!」と作品の魅力とともに振り返った。

 この日は、矢島舞美、山内瑞葵(AKB48)、安田愛里(ラストアイドル)、隅田杏花(劇団4ドル50セント)、朝倉ふゆな、吉田美佳子も登場。舞台は4月3日~12日まで東京・Bunkamuraシアターコクーンで開催される。