7日にスタートしたスーパー戦隊シリーズ45作記念作『機界戦隊ゼンカイジャー』(毎週日曜 前9:30~10:00)。第2カイ「ガオな野獣がごやっかい!」が、14日に放送される。

【写真】キカイノイド兵と立ち向かう介人

 機械生命体キカイノイドの世界「キカイトピア」を支配する悪の王朝トジテンドが、全ての並行世界を機械歯車トジルギアに閉じ込め征服。スーパー戦隊が活躍する世界をはじめ、この世に無数に存在する“並行世界”が次々と消えてしまった。しかし、最後に残ったこの世界だけはなぜか閉じ込めることができず、キカイトピアの領土の一部と融合してしまった。

 それから1ヶ月。世界からキカイトピアは消えたが、残されたキカイノイドたちと人間が、だんだん打ち解けてきていた。ところが、この世界の封印をあきらめたトジテンドが侵略を開始。幹部のバラシタラ率いるキカイノイド兵・クダックが人間を襲い始める。

 どんなことでもいいから“世界初”を成し遂げたい青年・五色田介人(駒木根葵汰)は、トジテンドと戦うことを決意。すると、祖母・五色田ヤツデ(榊原郁恵)が営む駄菓子カフェ「カラフル」の地下に眠っていた秘密のラボへの扉が開く。研究者だった両親は、機界戦隊ゼンカイジャーとして戦うためのアイテムを残していたのだ。

 初めての戦いの中、介人は逃げ遅れた子どもを助けたキカイノイドのジュラン(声:浅沼晋太郎)と出会う。ジュランが正義の心を持つキカノイドだと感じた介人は、一緒にトジテンドと戦ってほしいと声をかける。「チェンジ全開!」で、介人はゼンカイザーに、ジュランはゼンカイジュランに変身。全力全開で撃破した。

 第2カイでは、キノコだらけの世界「キノコトピア」を閉じ込めたトジルギアを使って誕生したキノコワルドが出現し、街がキノコだらけに。介人とジュランがゼンカイジャーに変身して戦おうとするが、キノコワルドはすぐに逃げてしまう。2人は一緒に戦う仲間の募集を始めるが、人間もキカイノイドもキノコが生えるくらいならかまわないと気にしていない様子。この世界の生き物が大好きだというキカイノイドのガオーン(声:梶裕貴)が声をかけてくるが、介人と友だちになりたいだけで戦う気はないようで…。ところが、キノコの毒胞子により人間が苦しみはじめてしまう。