俳優の菅田将暉が主演する4月17日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『コントが始まる』(毎週土曜 後10:00)の予告編が初解禁された。今作では5人の男女が織りなす青春群像劇ということで4つのバージョンが日替わりで登場。まず、14日には菅田がナレーションを担当する『菅田将暉編』が公開となった。

【動画】『コントが始まる』予告 菅田将暉編

 今作は『俺の話は長い』(日テレ/2019)で、第38回向田邦子賞を受賞した金子茂樹氏が脚本を担当。プロデューサーは『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の福井雄太氏が務める。菅田、神木隆之介、仲野太賀の3人による売れないお笑い芸人のトリオ「マクベス」、彼らがいつもネタ作りに集うファミレスのウェイトレスを有村架純、その妹を古川琴音が演じ、同世代俳優たち5人が等身大の群像劇を描く。

 現在放送中の日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』第9話の本編終了直後に初解禁された予告では「20代後半、あの頃思い描いていた大人には、なれなかった自分…」というナレーションと共に始まる。菅田に続き、有村、仲野、古川、神木が担当する予告編は、毎日1つずつ公開になるという。詳細は番組公式サイト、公式ツイッターにて掲載。