瀬戸内7県を拠点とするアイドルグループ・STU48の7人組ユニット「STU48 瀬戸内PR部隊」が23日、東京・池袋Club Mixaでオンライン定期公演『STU48 池袋Club Mixa定期公演 〜Season1 瀬戸内PR部隊編〜』をスタートさせ、全14曲を披露した。

【写真】投票で選ばれた7人組「瀬戸内PR部隊編」が池袋で定期公演開始

「瀬戸内PR部隊」は、5thシングル「思い出せる恋をしよう」(昨年9月発売)のファン投票企画『ファンが決めちゃうSTU48 6thシングル カップリングユニット』で選ばれた石田千穂、岩田陽菜、沖侑果、門脇実優菜、瀧野由美子、福田朱里、薮下楓の7人組ユニット。瀬戸内の魅力を伝えていく広報部隊として昨年10月に結成された。

 初の定期公演は、門脇センターの「ペダルと車輪と来た道と」で幕開け。「思い出せる恋をしよう」「一瞬のスリル」「無謀な夢は覚めることがない」の4曲を力強く歌い上げると、門脇は「このユニットで、多くの方に瀬戸内の広大な自然や、食、観光地などを伝えていきます。そして、もっと多くの方にSTU48の魅力を伝えていく活動をしていきます」と意気込みを語った。

 STU48の6thシングル表題曲「独り言で語るくらいなら」(2月17日発売)を7人バージョンで初披露したほか、石田と薮下が「君と僕の関係」、岩田、沖、瀧野、福田が「記憶のジレンマ」、門脇ソロで「イケナイコト」をそれぞれの持ち味を生かして披露した。

 「こんな時代こそ、推しが必要だ」というテーマで、「メンバーが気になっているアイドルと仲を深めて結束しよう」というトークコーナーも。ゲストとして、かつてSTU48劇場支配人でもあった指原莉乃がプロデュースする「=LOVE(イコールラブ)」の妹分グループ、「≠ME(ノットイコールミー)」のメンバー、本田珠由記(ほんだ・みゆき)が登場した。

 福田が「今一番気になっているアイドル」として迎え入れられた本田は、単独でのゲスト出演に緊張しながらも、「瀬戸内PR部隊」メンバーからの質問に答えていった。福田と同じく本田のことが気になっていたという沖は、岡山弁を使った告白せりふをリクエストするなど、ここぞとばかりに好意をアピール。コーナーの締めでは、福田が「本田=MEさん」と謎の言い間違えをしてステージは笑いに包まれた。

 公演の最後には、6thシングルに収録されている「瀬戸内PR部隊」の楽曲「僕はこの海を眺めてる」を初パフォーマンス。ミュージックビデオ同様、バスガイド風の衣装で披露した。センターの門脇は「瀬戸内の魅力、そしてSTU48の魅力を全国の皆様へもっともっとお届けできるよう、引き続き頑張っていきますので、みなさん応援よろしくお願いいたします」と配信を見ているファンに呼びかけた。

 公演中にはサプライズ発表も行われ、3月28日にSTU48瀬戸内PR部隊と「≠ME」12人全員参加の対バン公演が開催されることが決定した。

■『STU48 池袋Club Mixa定期公演 〜Season1 瀬戸内PR部隊編〜』セットリスト
overture
01 ペダルと車輪と来た道と
02 思い出せる恋をしよう
03 一瞬のスリル
04 無謀な夢は覚めることがない
05 独り言で語るくらいなら
06 君と僕の関係(石田千穂・薮下楓)
07 記憶のジレンマ(岩田陽菜・沖侑果・瀧野由美子・福田朱里)
08 イケナイコト(門脇実優菜)
09 好きになれただけで幸せだ
10 僕らの春夏秋冬
11 暗闇
12 STU48
13 夢力
【ゲストトークパート】≠ME 本田珠由記/沖・瀧野・福田
14 僕はこの海を眺めてる