滝藤賢一演じる“オリガミの博士”が、摩訶不思議な事件や出会った人々の悩みを「折り紙」で解決していく、NHK・Eテレのファンタジードラマ『オリガミの魔女と博士の四角い時間』(今月は日曜 後4:15~、3週連続で放送中)のスペシャル番組が23日(前9:40~10:10)に放送される。

【写真】驚異のオリガミ作品や天才オリガミ青年も登場

 今回のスペシャルドラマ「ラプソディー・イン・マリッジブルー」は、ゲストに桜井ユキ、本多力、岩井ジョニ男を迎え、結婚直前に失踪した博士の甥・圭介(本多)を探して婚約者(桜井)が博士を訪ねてくるところから騒動に発展する。ミカの剣幕に圧倒される博士は、オリガミの魔女(声:尾上菊之助)の心配をよそに、女心をかき乱してしまい…。

 ドラマに登場する博士とゲストの折り紙シーンも見どころのひとつ。アドリブを交えながら撮影されるため、「素の顔」が垣間見える。今回は、折り紙に熱中する桜井に、滝藤が「理想の旦那さんは?」といった質問を投げかける場面も。また、尾上菊之助が扮する、博士に恋する歌舞伎のお姫さま「オリガミの魔女」(作:松尾貴史)の、妖艶でおちゃめなキャラクターの見せ場もある。

 舞台となった博士の行きつけの喫茶店は、実際に営業にしている都内の古民家カフェ。昭和初期の蕎麦屋をリノベーションしたという建物の1階と、旅籠として使用されていたという2階の大広間があり、心地よいレトロな雰囲気を醸し出している。

 ほかに、現役東大生の折り紙アーティスト・益子遼祐さんの制作過程に密着取材したコーナーや、海外のアーティストたちの折り紙を紹介する「オリガミ・ザ・ワールド」のコーナーで、ユニークな作品をたくさん紹介。これまでの折り紙の概念を覆す30分となっている。