お笑いコンビ・空気階段が、22日放送の日本テレビ「シンドラ」枠『でっけぇ風呂場で待ってます』(深0:59)第4話に出演が決定した。人気グループ・Kis-My-Ft2の北山宏光、Sexy Zoneの佐藤勝利W主演による同ドラマの第4話『マニー・マイ・ラブ』ではキングオブコント2020ファイナリストである同コンビの水川かたまりが、ドラマ脚本に初挑戦。相方の鈴木もぐらも外国人留学生として熱演をみせる。

 今作は、水川のほか『キングオブコント』歴代王者であるシソンヌ・じろうをはじめ、かが屋・賀屋壮也、空気階段・水川かたまりら人気コント師たちが脚本を務め、松見(北山)と梅ヶ丘(佐藤)が切り盛りする下町の銭湯『鵬(おおとり)の湯』を舞台としたワンシチュエーションコメディー。

【写真】空気階段・水川かたまりがドラマ脚本初挑戦

 第4話では、松見が住まわせている外国人留学生のマニー(鈴木)の故郷のお祝いだという日が続き、連日賑やかな「鵬(おおとり)の湯』。マニーに甘すぎる、松見や瀧(長谷川忍)に不満を募らせていた梅丘だったが、ある日、大切にしていたコマがなくなった。マニーを疑う梅ヶ丘。そこに、高級寿司を届けにきた配達員(水川かたまり)が放ったある一言をきっかけにとんでもない事実が発覚する。一方、梅ヶ丘のつらい過去もわかり…。

 水川は「初めてのドラマ脚本。ドラマとは何なのか? 脚本とは何なのか? 銭湯とは何なのか? 暗闇の中に見つけた小さな光る石を集めました。書き終わった瞬間、記憶がなくなり何を書いたのか全く覚えていません。よろしくお願いします」と全力をつくした作品をアピール。

 愛され系外国人留学生を演じた鈴木は「高円寺の風呂無し四畳半、家賃1万7000円のおんぼろアパートに生息していた私にとって、銭湯とはなくてはならない存在であり、日常
生活から一歩離れた極楽でもありました。なかなか風呂に入れなかった私なので、風呂への感謝の気持ちを込めて一生懸命演じました。観てください」と呼びかけている。