1968年からの三部作、2005年には平成版が興行収入20億円の大ヒットを記録した映画『妖怪大戦争』が、令和の時代にスケールアップした新作映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(今夏公開)に、前作『妖怪大戦争』にも出演した“妖怪”キャストの岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、荒俣宏の続投が明らかになった。

【写真】『妖怪大戦争 ガーディアンズ』オリジナルマスクのデザイン

 今回の主役は、名子役・寺田心。数奇な運命に導かれ世界の存亡をかけた戦いに挑む主人公・渡辺兄(わたなべけい)を演じる。監督は05年版に引き続き、日本が誇る映画界の鬼才・三池崇史。脚本は『20世紀少年』シリーズ、『GANTZ』シリーズ、『ドラゴンボールZ 神と神』、『MONSTERZ モンスターズ』、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の渡辺雄介。製作総指揮に角川歴彦と荒俣宏が名を連ねる。

 誰もが知る有名妖怪を始め、映画オリジナルの妖怪、さらに今回は世界中のモンスターも加わり、拡大した妖怪ワールドが見どころ。寺田演じる主人公・兄(ケイ)をとりまく妖怪キャストに、狐面(きつねめん)の女役に杉咲花、狸の総帥・隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)役に大沢たかお、ぬらりひょん役に大森南朋、姑獲鳥(うぶめ)役に安藤サクラ、猩猩(しょうじょう)役に大倉孝二、天狗役に三浦貴大、雪女役に大島優子、天邪鬼(あまのじゃく)役に赤楚衛二、茨木童子(いばらきどうじ)役にSUMIREがキャスティングされている。

 物語は――20XX年、列島を南北に縦断する断層・大地溝帯=フォッサマグナから現れた「妖怪獣」により、妖怪界と世界に未曽有の危機が到来。妖怪たちは「妖怪獣」に対抗する力として、伝説の武神を復活させる手立てを講じる。しかし、その復活には古代に妖怪ハンターであった渡辺綱の血を継ぐ者の力が必要だった。そこで選ばれた宿命の兄弟が、思いもよらない大冒険に身を投じていく。

 岡村が演じるのは、前作と同じ小豆(あずき)洗い役。物語の重要な局面に必ず登場するも、特に何の役に立つわけでもなく、ひたすら風呂桶に入った小豆を水洗いしているだけ、という妖怪。穏やかな時はゆっくりと、興奮した時は高速で小豆を洗うのが特徴だ。日本の妖怪と世界中のモンスターが一堂に会した世界妖怪会議“ヤミット”の最中にも、相変わらず小豆を洗っていたため天狗(三浦貴大)から「うるさい! 君、帰れ!」と言われてしまい、たちまち悲しい表情に…。しかしそんな様子すらコミカルで愛らしく感じさせるのが、小豆洗いの不思議な魅力。前作と同じ役での続投について、岡村は「小豆洗いは僕自身」「この役は絶対に渡さへんぞ」という並々ならぬ気持ちで挑んだと言う。

 今作で遠藤が演じる妖怪は、夜道怪(やどうかい)。放浪する僧の姿をした、子供を連れ去ると言われる妖怪で、本作ではケイの弟・ダイを風呂敷で包み込み、妖怪の世界へと連れ去ろうとする。強面でぶっきらぼうだが実は優しく、キメ台詞を言おうとすると必ず最後にせき込んでしまい、結局何が言いたかったのかがわからない…というクセの強い妖怪。

 遠藤は前作で「大天狗」を演じていたが、本作ではさらに個性的な新たな妖怪役で再登板。目元だけ真っ黒な白塗りフェイスに大きな笠をかぶった、一度見たら忘れられないビジュアルも特徴で、「今回は、顔の中で言うと目しか出ていないので、ほかの誰がやってもいいと思ったのですが、そういうものではないらしいのです。ですので精一杯、妖怪の気持ちになって演じました」と、遠藤は話している。

 石橋が演じるのは、妖怪・大首(おおくび)。妖怪の世界に迷い込んだケイの前に現れ、一吹きでケイを吹っ飛ばしてしまう、その名の通り巨大な生首の姿をした妖怪だ。石橋も前作でも大首役を演じており、同じ妖怪役での続投となる。

 また、本作で角川歴彦と共に製作総指揮を務める荒俣も、劇中に妖怪役で出演。世界妖怪会議“ヤミット”の議長にして、雨が降った時に現れる「雨降小僧(あめふりこぞう)」を演じる。議長にも関わらず会議中はずっと眠っているという役どころだが、荒俣は製作総指揮らしく、「『日本は妖怪だ』ということを世界に広めたい」と気合十分だ。