お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の上島竜兵が、上野樹里主演のフジテレビ系“月9”ドラマ『監察医 朝顔』第16話(3月1日放送)で“再出演”することが21日、わかった。上島は「また呼んでもらえるとは思ってもみなかったので、出演の話を聞いた時は、何かのドッキリかと思いました」と驚きを隠せない様子だ。

【写真】SixTONES・森本慎太郎が撮影!上野樹里ら“万木家”での強行犯係集合ショット

 今作は上野を主演に、同枠初めての2クール連続放送で、法医学者と刑事という異色の父娘を描く。第16話で、上島が演じる今野は、第1シーズン第6話(2019年8月19日放送)に登場し、マンホールの窃盗容疑で捕まった泥棒。今野は取り調べに対し完全黙秘を貫いたが、当時、野毛山署強行犯係に勤めていた桑原(風間俊介)の真摯(しんし)な取り調べに“落ち”、涙ながらにマンホールを盗んだことを認めた。

 カムバック出演となる今回、今野はまたしても突然、桑原の前に現れることに。果たして今野が現れたのは、桑原の訴えむなしく、再びマンホールを盗んで捕まってしまったのか? それとも全く別の理由からなのか? どのような絡みを見せるのか注目だ。

上島竜兵
「まさか、『監察医 朝顔』にまた呼んでもらえるとは思ってもみなかったので、出演の話を聞いた時は、何かのドッキリかと思いました。『監察医 朝顔』は僕自身、大好きなドラマで、スタッフの皆さんは変わらず明るく、撮影はとても楽しかったです。
風間さんはあいかわらず温かい方でした。また、僕が登場するシーンは平野監督の回ではなかったのですが、朝早くからの撮影にも関わらず現場に駆けつけてくださり、本当にありがたかったです。
ちなみにリーダー(肥後克広)は『監察医 朝顔』(第15話 きょう22日放送)に出演することをずっと隠していて、一言も教えてくれず、実はニュースで初めて知りました(笑) リーダーがどんな演技をしているのか、僕も楽しみです」