人気グループ・Snow Manの向井康二と目黒蓮が、21日放送のラジオ『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』(TOKYO FM・毎週日曜 前11:30)に出演。向井が現在ハマっている木村主演のドラマ『プライド』(2004)の名ゼリフ「Maybe(メイビー)」を木村本人にせがみ、ささやいてもらうと感激しながら喜んだ。

【写真】Snow Man大喜び!氷でできた雪だるま

 2人は3週にわたってゲスト出演。7日放送回では、向井は同作で木村が演じた主人公・里中ハルを生きしたヘアスタイルと服装をしていることを明かし、木村本人に向けてドラマの魅力を熱く語っていた。

 この日は2人の最後の出演回で、向井の「人生の一曲」をオンエアすることになり、同ドラマの主題歌であるQUEENの「I Was Born To Love You」をリクエスト。「これしか出てこなかった」という向井は、「理由は今ハマってるからです。落ち込んでるときとかもこの曲をドラマを思い返して聞くと、すごいヤル気が出るんです」と曲への思いを力説。

 さらに「メイク中でも『仕上げるんであの曲お願いします』って言われると、この曲をスピーカーをガンガンにしてかけるんです。それで曲に合わせてメイクさんがこの髪型にしてくれるんです。それが僕の今の楽しみなんです」「あとは、車でかけながら運転して、イントロが流れてアクセルを踏む、これが最高の人生」と熱く語り尽くし、木村も「ありがとうございます」とうれしそうに話した。

 そしてイントロが流れると、向井は「Maybeを聞き忘れた。木村さん、MaybeとMust be(マストビー)だけ、お願いします」と懇願。木村は「もうイントロ流れちゃったから」とツッコミをいれるも、向井は「Maybeと言ってから曲ふりをお願いします!」と食い下がると、木村も快諾してイントロをかけ直し「皆さんに聞いていただきましょう。QUEENで『I Was Born To Love You』、Maybe」とささやくと、向井は「ワオ!」と感激の声を漏らした。