『白雪姫』や『アナと雪の女王』など、誰もが知るディズニー作品の人気キャラクターたちが現代の世界に閉じ込められ、物語の世界とシンクロする衝撃的な設定のドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』のシーズン6とシーズン7(ファイナルシーズン)が、「Disney+(ディズニープラス)」で19日より配信スタート。定額動画配信サービスでは初登場となる。

【動画】『ワンス・アポン・ア・タイム』シーズン6&7予告編

 舞台は、現代のアメリカ・メイン州のとある町、ストーリーブルック。息子と名乗る少年ヘンリーに導かれ、ストーリーブルックへとやって来た主人公エマ・スワン。少し気になる住人たちの様子、そしてヘンリーが持つ不思議な絵本に導かれ、エマはこの街の謎を解くカギに少しずつ近づいていく。

 実は、悪い女王の呪いによって記憶を消され、現代にふさわしい姿に変えられてとある町ストーリーブルックで暮らしているおとぎ話の主人公たち。そんな“物語の世界”と“現代”をつなぐ異色のファンタジー・ミステリーのシーズン6と、最終章のシーズン7では、なぜおとぎ話の主人公たちが現代で暮らさなければいけないのか? 呪いは解けるのか? 衝撃の真実がついに明らかになる。

 シーズン6では、呪いをとく唯一の存在とされるエマの前に、邪悪な女王が現れ、さらなる呪いがストーリーブルックを襲う。エマは運命を変えることができるのか? そして今まで語られなかった物語の世界から新たなキャラクターとして 救世主のアラジンやジャスミン、ジャファーなどがやってくる。

 最終章となるシーズン7は、シーズン6から数年後の世界が描かれる。それぞれの世界に希望を取り戻すため、再び壮大な冒険の旅が始まる。最終回には、ファン必見のサプライズも待っている。

 本作の魅力は何といってもディズニー作品の人気キャラクターたちが 予想外の設定で登場すること。これまでのシーズンでは 『アナと雪の女王』アナとエルサ、『リトル・マーメイド』アリエル、 『眠れる森の美女』オーロラ姫 、『ピーター・パン』のピーター・パン、ティンカー・ベル といった超人気キャラクターが おとぎ話とは異なる設定で登場し、物語の大きな鍵を握ってきた。シーズン6では『アラジン』のアラジンとジャスミン、 さらにシーズン7では『ふしぎな国のアリス』からアリスが登場する。

 なお、ディズニープラスでは、これまでのシーズン1~5も配信中。

■キャスト/吹替声優
【シーズン6】
エマ役:ジェニファー・モリソン/北西純子
ヘンリー役:ジャレッド・ギルモア/末本眞央
メアリー・マーガレット/白雪姫役:ジニファー・グッドウィン/小林沙苗
デヴィッド/チャーミング王子役:ジョシュ・ダラス/花輪英司
レジーナ/悪い女王役:ラナ・パリーヤ/深見梨加

【シーズン7】
ゴールド/ルンペルシュティルツキン/ウィーヴァー役:ロバート・カーライル/家中宏
フック船長/キリアン/ロジャース役:コリン・オドナヒュー/土田大
ヘンリー役:アンドリュー・J・ウェスト/佐藤拓也
シンデレラ/エラ/ジャシンダ・ヴィドリオ役:ダニア・ラミレス/佐古真弓