公開延期となっていた、俳優・伊藤淳史主演の映画『未来へのかたち』が、5月7日から全国公開されることが決定。本作の予告映像、ポスターの解禁とともに、主題歌「未来へのかたち」を湘南乃風のメンバーであり、ソロアーティストとしても活躍するHAN-KUN from 湘南乃風が、劇中で使用される音楽をピアニストの清塚信也が担当していることが明らかになった。

【動画】伊藤淳史主演『未来へのかたち』予告編

 本作は、愛媛県にある小さな焼き物の里・砥部町(とべちょう)を舞台に、家族の再生を描いた物語。『瀬戸内海賊物語』や『ポプラの秋』など、地域に密着し、人と人との絆を描く作品を数多く生み出してきた大森研一監督のオリジナル作品だ。オール愛媛ロケを行い、砥部焼の窯元や陶石採掘場での撮影を通して、地域の伝統を守る職人たちの熱い思いも描いている。

 主演を務めた伊藤は、新しい砥部焼のスタイルを追求する若手陶芸家・竜青を演じる。共演は、竜青の妻・幸子役に内山理名、不慮の事故で亡くなった竜青の母親・典子役に大塚寧々、竜青の兄・竜哉役に吉岡秀隆、竜青の父親・竜見役に橋爪功ら。さらに、竜青の娘・萌役で、雑誌「Seventeen」で専属モデルを務め、『24 JAPAN』(テレビ朝日系)に出演中の桜田ひよりや、窯元で働くアルバイト・武役で『仮面ライダーエグゼイド』で主演を務めた飯島寛騎(男劇団 青山表参道X)も出演している。

 予告映像は、伊藤演じる竜青とその家族の穏やかな日常風景からはじまり、町をあげてのオリンピック聖火台のデザインコンペに参加することになった竜青と、伝統を重んじる老舗窯元の主人である父・竜見(橋爪)の衝突、そこに10年ぶりに兄・竜哉(吉岡)が帰ってきたことで、事態はさらに険悪になっていき…。これから物語が展開して行く過程をダイジェストで見せていく。

 封印していた「母の死」にまつわる父子の因縁とは? 妻・幸子(内山)や娘・萌(桜田)、アルバイトの武(飯島)らに支えられながら、不器用ながらも竜青は少しずつ父や兄と打ち解け、作品の完成に向けて制作を進めていく。まさに“砥部焼”を通して家族の絆が再生されていく、明るい未来を感じさせる映画の一部を堪能できる。

 同時に解禁されたポスターでは、竜青と竜見の親子を筆頭に家族一人ひとりが輪を描くように配置されたデザインとなっており、その中央にデザインされたそびえ立つ聖火台はこの家族の未来の象徴のようだ。

 主題歌を描き下ろしたHAN-KUNは「当たり前が当たり前じゃ無くなっている"今"だからこそ、1人でも多くの人達がこの作品を通してつながっていく事を願っています。この時代にみんなで"聖火"を灯しましょう」、清塚は「家族の中にはいろいろな形の愛があり、それが集まって形になっている。言葉にすれば当たり前なことかもしれませんが、その当たり前をとても愛しく思わせてくれる映画です。そのホッコリとした形に、音楽を優しく添えました」と、コメントを寄せている。