俳優の藤原竜也が主演する映画『太陽は動かない』(3月5日公開)より、登場人物を紹介する特別動画が解禁された。

【動画】映画『太陽は動かない』特別映像(秘密組織 AN通信編)

 本作は、「怒り」「悪人」などヒット作で知られる吉田修一氏の同名サスペンス小説が原作。「海猿」シリーズ、「暗殺教室」シリーズなどを手掛けてきた羽住英一郎監督のもと、日本国内での撮影に加え、東欧ブルガリアにて約1ヶ月にも及ぶ海外ロケを敢行して映像化された。

 心臓に爆弾を埋め込まれた秘密組織のエージェント・鷹野(藤原)と相棒の田岡(竹内涼真)。24時間ごとに迫る死の危険を抱えながら、「全人類の未来を決める次世代エネルギー」の極秘情報をめぐり、各国のエージェントたちとの命がけの頭脳戦が始まる。次から次へと困難が襲い来る極限の状況の中、2人の心臓爆破のタイムリミットは刻一刻と近づいていく。

 そんな鷹野たちが所属している秘密組織の名は“AN通信”。表向きは小さなニュース配信会社を装い、世界を股にかけ国政や企業の裏で重要機密情報を入手し売買する優秀なエージェントが所属する組織でありながら、24時間ごとの定期連絡を怠ると胸の心臓の爆弾が起動し、解除の申請をしないと5分以内で爆死してしまうという常に命の危険と隣合わせの“職場”だ。

 解禁された特別映像は、AN通信に所属する鷹野含めた4人の最強メンバーを紹介するもの。藤原演じる冷静沈着なエージェント“鷹野一彦”、竹内演じる優しさを持つ若手エージェントで鷹野と最強バディを組む“田岡亮一”、佐藤浩市演じる鷹野たちの上司でAN通信の司令塔“風間武”、市原隼人演じる裏組織に拉致された同僚エージェント“山下竜二”。鬼気迫るシーンの数々と、鷹野の「死にたければ死ね。生きたければ働け」というせりふからもAN通信の振り切れた職場環境の一端を垣間見ることができる。

 佐藤との共演について藤原は「個人的に学ぶことは山ほどありましたね。本当に芝居が上手い先輩たちとの共演は、いい意味で楽なんです。演じていて面白いし刺激も受けますし、非常に得難い経験をさせていただきました」と学びの多い現場であったと明かし、同僚エージェント山下を演じた市原については「ブルガリアで市原(隼人)くんと一緒にワイヤーで吊られている時、市原くんから“竜也くん、高い所はダメですか?”と聞かれて、“何で?”と聞き返したら、“上に行ったとたんにブルブル震えるの、やめてもらっていいですか?”と言われました(笑)」と、裏エピソードを明かしている。

 これまで数々の役柄を演じてきた藤原史上最悪の職場と言っても過言ではないAN通信だが、仲間たちと過ごした時間はかけがえのないものだったようだ。