女優で歌手の平手友梨奈が、きょう19日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション 冬の恋うた3時間スペシャル!』(後6:45~9:48)に出演。昨年12月25日に配信リリースされた「ダンスの理由」を披露し、大きな反響を呼んでいる。

【写真】『Mステ』初出演のyama、ひらめ、りりあ。、橋本愛、ミレパ

 平手が1から楽曲制作に携わったという同曲は、「ダンスの理由」のタイトルどおり、主人公が踊り続ける意味を歌唱とダンスで表現する。

 欅坂46在籍時代の2019年12月以来、1年2ヶ月ぶりのMステ出演となったこの日の出演のために振り付けをバージョンアップしたことがナレーションで予告されると、ダンサー10人とともに、一新されたダンスパフォーマンスを全身全霊で披露。途中からは土砂降りの雨演出で視聴者を惹きつけた。

 SNSでは「全然振付変えてきててビビッた!」「バージョンアップとは?新バージョンの間違いではないですか? そう思うくらい凄かった」「興奮しすぎてリピ止まらん」と感激するツイートが続々。

 さらに、前回出演時に披露したソロ曲「角を曲がる」のラストシーンとのつながりを指摘する投稿も。「角を曲がる」は平手が佇むシーンで終わったが、この日の「ダンスの理由」は1人うつむいて佇む平手の周りにダンサーが集まり、意思を確認するかのようにうなずいてからパフォーマンスをスタートさせた。

 ファンは「始まり方…1人で別の道を歩み始めたてちに新たな仲間が。嬉しい」「演出に繋がりを加えたのも雨を降らせたのも英断と言わざるを得ない……」「Mステの「角を曲がる」の最後と繋がってたのかな? 気づいた方すごい!」などと投稿した。

 このパフォーマンス後、ツイッターのトレンドでは1位の「#Mステ」に続き、2位「#平手友梨奈」、3位「#ダンスの理由」と上位を独占する反響を呼んでいる。