テレビ朝日系で放送中の『24 JAPAN』(毎週金曜 後11:15~深0:15※一部地域を除く、全24話)。きょう19日放送の第19話「6:00P.M.-7:00P.M.」では、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画を企てるテロ集団が、ある場所を一時停電させようとしていることを知った主人公・獅堂現馬(唐沢寿明)は、現地へ向かうが…。

【動画】唐沢寿明・池内博之・時任勇気のコメント動画

 テロ集団の一味であるアレクシス・林(武田航平)になりすます作戦を実行した現馬。アレクシスが大金を払って男を雇い、午後7時20分から5分間だけ御殿場にある“例の地区”を停電させようとしていたことを知る。政府内で顔の利く麗のツテで“例の地区”がどこか突き止めた現馬は、作戦の全体指揮を執るCTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)と共に、すぐさま駆けつけることに。一体そこには何があり、テロ集団はなぜ停電させようとしているのか? 現馬は何とも言えない違和感を覚えるものの、答えは一向に見つからない。

 一方、A班のチーフ・水石伊月(栗山千明)は鬼束に電話し、現馬の妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)が姿を消したことを、現馬に伝えるよう懇願。だが、鬼束は何を考えているのか、現馬にはその事実を隠し続ける。

 その頃、記憶喪失になった六花は友人の医師・浜畑圭介(西村直人)に付き添われ、自宅へ戻る。そんな六花の命を奪うべく、テロ集団の黒幕アンドレ・林(村上淳)が手配した暗殺者はついに、家の中へ侵入し襲撃を開始。六花とはぐれ、テロ実行グループの手下・長谷部研矢(上杉柊平)のもとへ身を寄せていた美有もまた、とんでもないトラブルに巻き込まれ、完全に逃げ場を失ってしまう。

 さらに、麗は息子・夕太(今井悠貴)が抱える問題をめぐり、家族崩壊の危機に直面。そんな中、精神的に追い詰められた娘・日奈(森マリア)の身に突如、異変が起こる。