7人組ダンス&ボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEによる、AbemaTVのレギュラー番組『GENERATIONS高校TV』(毎週日曜 後9:00)が21日、配信される。

【番組カット】褒めラップで対戦する数原龍友と片寄涼太

 今回は、体験学習型企画「フリースタイルラップ科」を実施。ラップブームの火付け役として若者から絶大な人気を誇るMCバトル番組『フリースタイルダンジョン』に登場したことをきっかけに、その名を轟かせた実力派人気ラッパー・DOTAMAを講師に迎え、GENERATIONSのメンバーたちがさまざまなお題でフリースタイルラップに挑戦する。

 オープニングトークで、進行を務める小森隼から「フリースタイルはやっぱり難しいんですか?」と問われた関口メンディーが「ダンスもフリースタイルって難しくない? それと同じだと思います」と答えると、ボーカルの数原龍友も「特殊能力ですよね…」と同調。また、「歌詞を書くときは“韻”と呼ばれるものに気をつけながら書くけど、フリースタイルって1個2個気をつけるとかじゃないから…。普通に考えていても『どの言葉で韻を合わせていこうかな…?』と考えるぐらいなので、フリースタイルのバトル番組を見ていた時は、いつもすごいなって思ってた」と、即席にも関わらず練られた歌詞が繰り出されるラップに称賛の声を上げた。

 そして、“ディスの極みメガネ”というキャッチコピーで知られるDOTAMAが登場し、メガネとネクタイ、スーツ姿という異色の出で立ちながらも力強いラップでメンバーたちを翻ろうすると、スタジオは早くも興奮の渦に。

 その後、DOTAMAによるアドバイスのもと、8小節で韻を踏んだ自己紹介ラップに挑戦することになったメンバーたち。苦戦しながらもそれぞれ自分の持ち味を活かした自己紹介ラップで大盛り上がりとなった。ランダムに出てきた画像を見て即興でディスるラップでは、数原のお題にまさかの“大好きなもの”が出てきてしまい、思わず「1番好き!」と素直な気持ちがあふれてしまう場面も。メンバーたちは「ディスだよ!?」「ディスってよ(笑)」と大爆笑になった。DOTAMAが「ダメでしたね(笑)」と感想をこぼした数原のラップのお題とは。

 番組の最後に行われた“褒め殺し”ラップバトルトーナメントでは、思わずあふれ出てしまうそれぞれの“メンバー愛”にスタジオは大盛況だった。