東映特撮ファンクラブ(TTFC)内の電子書籍で配信される漫画『騎士竜戦隊リュウソウジャー ファイナルライブツアー2020』が20日、午前10時から配信開始。昨年、全公演中止になってしまった幻の『騎士竜戦隊リュウソウジャー ファイナルライブツアー2020』の内容が漫画化される。

【劇場版カット】笑顔で笑い合うリュウソウジャーたち

 昨年3月から全国7都市で実施する予定だった『騎士竜戦隊リュウソウジャー ファイナルライブツアー2020』。毎年、出演者が1年間応援してくれたファンに感謝の想いを伝え、数多くの感動を生んできたイベントだったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、まさかの全公演中止。

 テレビシリーズメインライターの山岡潤平氏によって『騎士竜戦隊リュウソウジャー』のその後の物語として描かれたラストショーが、文字通り“幻”に。そんな物語が、この度、漫画としてTTFC内で読める電子書籍として配信されることが決定した。

 メインキャスト7人に加え、クレオンやワイズルー、プリシャスら敵役も勢揃いで登場するオリジナルストーリー。秘密裏にリュウソウ族の研究を進めていた「リュウソウモーリア」がオリジナル敵キャラクターとして現れ、リュウソウ族としての信念をかけた最後の戦いが繰り広げられる。全4話配信予定。

■第1話あらすじ
 エラスとの最終決戦を終え、数ヶ月。ドルイドンは去り、平和が訪れた地球で、コウ達は別々の道を歩んでいた。しかしある日、不穏な空気を察知した長老に呼ばれ、再び集った6人。
 再会を喜ぶのもつかの間、突如、彼らの前に倒したはずのドルイドンたちが現れる! 容赦なく襲いかかるかつての強敵。そしてそこには、命を落としたはずの戦友・ナダの姿があった…。