NHKで放送中の連続テレビ小説『おちょやん』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。今週(第11週)は、道頓堀の芝居茶屋「岡安」の一人娘・岡田みつえ(東野絢香)と、ライバルの芝居茶屋「福富」(現・福富楽器店)の福助(井上拓哉)の恋仲に焦点が当てられた。19日放送の・第55回では、周りの協力もあり、困難を乗り越え、2人は無事に結婚することができた。

【写真】みつえが好きだったのは福助だった

 第11週では、みつえと福助の結婚をお互いの母親に認めてもらおうと、千代(杉咲花)も奮闘。SNS上では「みつえちゃんと福助の関係は朝から癒し」、「道頓堀のロミオとジュリエット!!」、「みつえと福助には幸せになってほしい!」など、二人を応援する声で、連日盛り上がりを見せている。

 そんな中、福助役の井上にも注目が集まっている。井上は、関西を中心に活動する劇団、劇団Patchの1期生として3000人を超えるオーディションを勝ち抜き2012年に入団。NHKの連続テレビ小説は『あさが来た』(2015年)から『おちょやん』まで、なんと5年連続出演を果たしている。

 『おちょやん』で井上が演じる、芝居茶屋「福富」の跡継ぎにもかかわらず、芝居茶屋の仕事には興味がなく、トランペットに夢中。少し頼りないが周りから愛されるキャラクターを演じている。また、井上は今作のため、撮影前よりトランペット練習にも励んだ。回を重ねるごとに上達している福助に、視聴者も「福助のトランペット上達にびっくり!」、「福助、やるやん!」と好評。主要キャストの一人として、今後も重要な役割を担っていく。