狂言師の野村萬斎が主演する、3月6日放送のフジテレビ系スペシャルドラマ『死との約束』(後9:00)。脚本を手がける三谷幸喜氏の作品では常連の山本耕史は、事件の根幹に関わる本堂家の長男・本堂礼一郎(ほんどう・れいいちろう)を演じるが「今回のお話をいただいた時は、ちょうどPARCO劇場で『大地』という三谷さんの舞台をやっている最中だったと思います。『ああ、あのシリーズの世界観に入れるんだ』と率直にうれしかったのと、続けてまた三谷さんの作品に出演できるっていう安心感もありました」と明かす。

【場面写真】我が家・坪倉も出演

 今作はアガサが1938年に発表した長編小説『死との約束』を実写化。舞台を“巡礼の道”として世界遺産にも登録されている熊野古道に、そして時代設定を昭和30年に置き換えて執筆された。萬斎は名探偵・勝呂武尊(すぐろ・たける)を演じ、山本演じる礼一郎は、世間に対してどこか冷めていて、後ろ向き。長男でありながら、家族の問題からも距離を取り、なぜか夫人には一切、口答えをしない役どころとなっている。

 山本が、三谷氏の脚本や自身の役どころについてコメントを寄せた。

――台本を読まれての感想は?
このドラマは、面白いボタンの掛け違いがあって、三谷さんがすごく得意とする分野の脚本。結構入り組んだ難しいミステリーを三谷さんがうまく書いている本だと思いました。謎解きのシーンは、三谷さんらしい密室劇というか。ゆるやかなところから追い込んでいって、トンネルを抜けて、抜けて、こう出る、みたいな。長尺のワンシチュエーションのシーンは、撮影は大変ですけれど、昔はけっこう、こういう感じの緊張感あったなあと。
最近はいろいろな場面で、いろいろなことが起きて、というテンポの速い作品がわりと多いと思うんですけれど、今回のように同じセットでじっくり話が展開していくという脚本は、僕は演じていてとても楽しかったです。

――今回の役を演じるにあたって
実をいうと、今回のドラマで着ている衣装は『大地』の時に使っていた舞台衣装なんです。三谷さんに「あの役のイメージで」って最初言われて「あ、そのままでいいんだ」というところもあったので。もちろん全然違う役ではあるんですけれど、出で立ちや、醸し出すうさんくささは、ゼロからよりは、役に入りこみやすかったです。

――実際に演じての感想
自分にも他人にもあきめていて、後ろ向きで、世間に背を向けたような影のある役なので、逆に楽しみながら演じました。この人だったらどんな行動をするだろうかとか、ちょっと普通でない、社会に適応していないところをさまざまな場面でどうやって表現しようかなと、アイディアも出しながら演じました。

――共演者の印象
萬斎さんとは初めてご一緒したのですが、やっぱりこの役は萬斎さんにしかできないなと改めて感じましたし、その空気感を間近で浴びている感じでした。松坂慶子さんは昔からドラマでお世話になっていて、息子役も今回が2度目なんです。前回も僕が母に支配されている役だったので、松坂さんに「こういう役多いんですか?」って聞いたら「全然ない」とおっしゃって。そんな貴重なあまりない役を2回もご一緒させていただいて光栄でした。現場ではにこやかで、ふわーっとなごましてくださる雰囲気の方なので、(大先輩ですけれど)現場に安心感を与えてくださっていました。

――視聴者へメッセージ
ちょっとしたことでみんなの思惑が偶然重なってしまって、そしてお互いがお互いをかばったり、怪しんだり。その一人ひとりのボタンの掛け違いでこういうストーリーが生まれて。 「この人が犯人だ」と最初に見せてから解いていくパターンではなくて、一緒に見ながら、考えながら、最後まで楽しめるドラマだと思います。僕たちも撮影しながら、時々「ん?」と考えながら演じたくらいです。視聴者の方には、その空気感や緊張感を楽しんでいただきたいですし、ずっと見入ってしまうような作品に仕上がっていると思います。