政財界をまたぎ、富と権力をめぐる人間の野望と愛憎を描いた山崎豊子氏の傑作小説を中井貴一主演でドラマ化するWOWOW『連続ドラマW 華麗なる一族』(4月18日スタート、毎週日曜 後10:00 全12話※第1話無料放送)のポスタービジュアルが公開された。

【写真】吉岡里帆、松本穂香ら…万俵家のキャスト陣

 主人公・阪神銀行頭取の万俵大介(中井)、その長男・鉄平(向井理)、次男・銀平(藤ヶ谷太輔)、大介の愛人・高須相子(内田有紀)、大介の妻・寧子(麻生祐未)をはじめ、不気味で巨大な権力機構〈銀行〉の波に飲まれていく18人が勢ぞろい。

 ティザー ポスターでは、ビロードのベールカーテンに包まれ、その前で大介が 椅子に腰かけていたのに対し、本ポスターでは立ち上がった大介が軸となり、17人の運命が大きく狂わされていく、その幕明けを告げているかのようだ。

■あらすじ
 高度経済成長期の日本。預金高10位にランクされる阪神銀行のオーナー頭取、万俵大介(中井貴一)は、銀行のほかにも多くの事業を手掛ける万俵コンツェルンの総帥だった。大介は長女・一子(美村里江)の夫である大蔵省のエリー ト官僚の美馬から、都市銀行再編の動きを聞きつけ、生き残りを目指し大手銀行を吸収合併しようと画策する。

 その一方で、万俵家には、大介の妻・寧子(麻生祐未)と阪神銀行と同じく万俵コンツェルンを支える柱の一つである阪神特殊製鋼の専務取締役の長男・鉄平(向井理)、阪神銀行に勤める次男・銀平(藤ヶ谷太輔)、次女・二子(松本穂香)、三女 ・三子(福本莉子)のほかに、長く同居する大介の愛人・相子(内田有紀)の存在があった。

 家庭内で大きな力を持ち、万俵家の閨閥づくりを推し進める相子の存在を鉄平たちは疎ましく思っていた。さらに鉄平は、悲願としていた高炉建設の融資をめぐって大介と対立し、2人は確執を深めていく。