スニーカーにゆかりの深い人物に贈られる『スニーカーベストドレッサー賞 2021』授賞式が22日、オンラインで行われ、「女優部門」を前田敦子、「俳優部門」をTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬、「モデル部門」を生見愛瑠、「芸人部門」をチョコレートプラネットの松尾駿が受賞した。

【動画】松尾駿と子どもの話で盛り上がる前田敦子

 今回の受賞に前田は「AKB時代もそうですし、母になってもスニーカーは欠かせない。人生で相当履いてきたので、本当にうれしかったです」と笑顔を見せた。

 さらに、昨今の“おうち時間”でどのようにスニーカーを履いていたか聞かれると「前回の緊急事態宣言中に子どもが歩き始めまして、合間合間にスニーカーを履かせて一緒に歩きました。お揃いがいっぱい売っているので、思わず買っちゃいますね」と止まらない子煩悩っぷりを披露。

 すると、松尾が「僕も子どもが6月に生まれたので、親子で揃えたいのはわかる!」と前田の気持ちに共感していた。

 今年で4回目を迎える同賞は、2月22日が「スニーカーの日」にあたることにちなみ、「スニーカーが似合う」「今後スニーカーを履いてほしい」「スニーカーの需要喚起に貢献してくれた」人物を各部門から選出。本年度は手軽に運動機会を確保することができる「スニーカービズ」を“新たな県民運動”として積極的に実施している福井県に「特別賞」が贈られた。