漫画『ボボボーボ・ボーボボ』連載20周年を記念して、漫画アプリ『少年ジャンプ+』にて72時間限定の全話無料配信がスタートした。あわせて、LINEスタンプにてファン待望の『ぬ』スタンプの配信もスタート。作中のハンカチの柄として、ファンには忘れられない印象を残し、数々のグッズにもなっている『ぬ』(7巻69話に登場)。今回スタンプに登場する全ての『ぬ』は、作者・澤井啓夫氏がこの企画のために新規に描き下ろしたものになっている。

【画像】衝撃の「ぬ」文字スタンプ…レパートリー多く困惑するラインナップ

 『ボボボーボ・ボーボボ』は、2001年~07年まで『週刊少年ジャンプ』にて約6年間連載していたギャグ漫画。西暦300X年、全世界を支配する皇帝は、国民全てをボーズにすべく「毛狩り」を開始する。そんな世に一人の男・ボボボーボ・ボーボボが現れ、究極の拳法「鼻毛真拳」を使い、人類の髪の毛の自由と平和を守るため戦うストーリー。

 『ドラゴンボール』『ジョジョの奇妙な冒険』『遊☆戯☆王』など他作品のパロディがあり、不条理なギャグバトルを展開するのが見どころのひとつで人気を博し、コミックスは『ボボボーボ・ボーボボ』が全21巻、第2部となる『真説ボボボーボ・ボーボボ』が全7巻。テレビアニメが03年~05年までテレビ朝日で放送された。

 また、2001年2月20日に連載スタートしてから誕生20周年となる、あす20日には、初のオンラインイベントが開催。アニメ版でボボボーボ・ボーボボ役を演じた子安武人はじめキャスト5人が出演し、ニコニコ生放送にて午後5時よりスタートする。