アイドルグループ・ももいろクローバーZの百田夏菜子が、自身初のヒロインを務める尾上松也主演映画『すくってごらん』(3月12日公開)でピアノ演奏レコーディングに初挑戦したことが明らかになった。百田の演奏シーンを使用したテレビCMが解禁となった。

【動画】百田夏菜子がヒロイン『すくってごらん』TVCM3本同時解禁

 百田はピアノを弾くことが大好きなヒロイン・生駒吉乃を演じるため、今作でピアノ演奏に初挑戦。「指1本で鍵盤を叩くくらいはやったことがありますが、ここまで本格的に演奏したことは初めてで、先生について基礎から徹底的に教えていただきました」と振り返る。

 当初、劇中で使われるピアノ演奏の音はプロが弾いたものに差し替えられる予定だったが、百田の演奏シーンの素晴らしさから、音も本人演奏のほうが伝わると判断され、ピアノレコーディングも百田が臨んだ。映画の撮影終了後も初のピアノレコーディングに向けて練習を重ね、さらにブラッシュアップした演奏を披露した。

 難しかった反面、楽しさもあったといい、今でもピアノを引き続けているそうで「ピアノをきっかけに、音楽というものをもっと細かく勉強し始めました。ピアノに触れたことによって今までやってきたこととつながった部分もありますし、もっとここを勉強しないと、勉強したいなということにたくさん出会え、私の人生ですごく大切な時期になりました」と明かした。

 本作で初挑戦したのはピアノだけではない。百田夏菜子として歌うのではなく、役柄の生駒吉乃として歌うことにも挑み、主題歌「赤い幻夜」も生駒吉乃名義で歌唱した。真壁幸紀監督は「ワンフレーズずつ、吉乃が歌っているかどうかを百田さんと確認しながら、丁寧にレコーディングしていきました」と説明する。

 百田は「レコーディング中、気づかないうちに百田夏菜子の要素が出ていると指摘されることもあり、そのおかげでどういうふうに歌うと私っぽく聞こえるか自覚することができました」と述懐し、「今回は、私らしさをすべて削ぎ落として歌ったときに出る声を聴いていただきたいです」と自信をにじませた。

 映画『すくってごらん』のテレビCM、恋愛編、音楽編、コメディ編はYouTubeでも公開されている。