『ドラえもん』誕生50周年を記念して、作者の藤子・F・不二雄さん初の本格画集かつ初の美術書『THE GENGA ART OF DORAEMONドラえもん拡大原画美術館』が、4月7日に発売されることが決定した。美術的視点から「まるみ」「顔・表情」「構図」「ひみつ道具」など、7つのテーマに沿って『ドラえもん』のコマを厳選し、その部分の直筆原画を拡大して掲載しており、『ドラえもん』史上初の本格美術画集にもなっている。

【画像】しずかちゃん困惑!のび太が体の中を探検?怪しい一コマ

 藤子さんの漫画は、その1コマ1コマが絵画として鑑賞できる「作品」ということで、同画集は「漫画を読む」ではなく「絵を鑑賞」するをテーマにした。微妙なペンタッチや墨の濃淡、丁寧にホワイトで修正された跡、かすかに残る鉛筆の線…など、作者の体温や息づかいさえ感じられるような生々しい筆致は、一般的な印刷物の2倍にあたる高解像度での撮影によって初めて紹介。まるで本物の原画を手に取り、目の前で見ているような、「漫画を読む」だけでは気づくことができなかった『ドラえもん』の“新しい”を見つけることができる。

 収録内容としては主に、カラー&モノクロで130点以上の原画を掲載、浦沢直樹氏とむぎわらしんたろう氏の特別対談を収録、別冊付録は原画原寸で読む名作『ゆうれい城へ引っこし』で全ページ掲載されている。価格は6900円(税込)。

 また、同画集の発売を記念して、東京・渋谷PARCO8階のギャラリースペース「ほぼ日曜日」にて、『ドラえもん1コマ拡大鑑賞展』が開催される(3月13日から4月18日までの37日間)。会場では、同書よりもさらに拡大したコマを額装して展示し、美術館のように『ドラえもん』のコマを鑑賞することができる。